メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

最近の記事

記憶力を伸ばすには・・・

記憶力を伸ばすには・・・

記憶力を伸ばすためには・・・

 

私たちは、毎日、目・耳などの五感を通して、
自分で意識しているかどうかにかかわらず、
毎日たくさんの情報を集めています。

 

そしてその情報は記憶として海馬に置かれます。

 

可愛がりすぎると嫉妬深い子になる?!

可愛がりすぎると嫉妬深い子になる?!

可愛がりすぎると嫉妬深い子になる?!

絆で結ばれる・・・というのはとても大事ことですし、
幸せなことです。

 

特に寂しい時は、何かに繋がっていたい、

と感じることもあるでしょう。

 

私達の身体内部でとても大切な働きをしているものに
ホルモンがあります。

 

このホルモンにも「絆ホルモン」と呼ばれるものがあります。

ではそれは何か?

人の名前を覚えるには?!

人の名前を覚えるには?!

人の名前を覚えるには?! 

 

「あれっ、この人の名前、なんだっけ?
顔は覚えているのに思い出せない!」

「顔と名前が一致しない」

そんなことってありますよね。

こんな声が記憶術を教えていると
よく聞かれます。

仕事でたくさんの人に会う人にとって、
お得意先の顔と名前が覚えられないのは致命的。

 

「顔と名前がなかなか一致しなくて」というのは、
よくある悩みですが、ビジネスの面ですと
欠点になってしまうこともあります。

私たちの脳の仕組みとして、
似たような情報はひとくくりにされてしまい、
個々の情報を忘れてしまうということがあります

メモをとると記憶は?!

メモをとると記憶は?!

メモをとると記憶は?!

 

何かを身につけたい時はメモを取ると
効率良く学べるというのは、みんな承知していることです。。

でもメモを取ったからといって、
その内容をきちんと記憶しているかといったら、
そうとは限りません。

 

メモを取るということが、
いわば松葉つえのような役割を果たし、
書いてあるから安心ということで、あとからそれについて、
何も思い出せない自分に気づく、といったことが
多々あります。

カナダのマウント・セントビンセント大学の
Michelle Eskritt氏とSierra Ma氏は、

「メモを取った場合の脳の働きに関する研究」
を行っています。

 

その研究結果によると、、、

スマホの利用で脳に変化が・・・

スマホの利用で脳に変化が・・・

スマホの利用で脳に変化が・・・

スマートフォンが普及して
タッチスクリーンによる操作が中心になり、
指の動きはより複雑になりました。

 

これが脳の働きに
何らかの影響をおよぼしているのかどうか?

興味ありますよね。

興味深い記事をご紹介いたします。

嫌な記憶を忘れられる「食べ物」がある?!

嫌な記憶を忘れられる「食べ物」がある?!

嫌な記憶を忘れられる「食べ物」がある?!

日々生活していると、
いろいろな問題にぶつかるのは当たり前といえば、当たり前。

 

とても辛い思いをすればするほど記憶に残るものです。

 

それは脳の中の感情の脳、偏桃体に
深く関わっているわけです。

感情が動けば動くほど、記憶の脳「海馬」に
影響を及ぼすために、記憶が鮮明になる
ことは、
このメルマガでも何回かに渡って説明してきました。

 

今回は、思い出したくない記憶、
できれば消してしまいたいような記憶を忘却できる
食べ物があるということです。

 

もしこれが本当だったら、
皆さん、食べてみたいと思いますよね。

 

一体、何だと思いますか?

 

 

5人に1人が胎内記憶持っている!?

5人に1人が胎内記憶持っている!?

5人に1人が胎内記憶持っている!

前世終了時~受精までの記憶を持つ子供が
5人に1人いるということには驚きます。

 

今までこういうことにはなかなか
スポットがあてられていなかったからです。

 

「暗くてあたたかくて、フワフワ浮いていたよ」
――0~6才の子供の約3人に1人に、
お母さんのお腹にいた時の“胎内記憶”があるといいます。

 

この年齢のお子様をお持ちのお母さんは
ぜひ一度聞いてみられたらもっとわが子の事が
わかるのではないでしょうか。

胎内記憶研究第一人者である
産婦人科医の池川明さんが15年ほどかけて
聞き取り調査を行った子供たちの中には、
あらかじめ、兄弟になることを決めて
生まれてきたという子供たちも多いといいます。

▼ ▼ ▼

赤ちゃんの驚くべき能力とは・・・

赤ちゃんの驚くべき能力とは・・・

赤ちゃんの驚くべき能力とは・・・

今日から12月。

今年2014年、
赤ちゃんにつけられた名前の1位は、
男の子が「大翔」、女の子は「葵」となりました

 

最近は特に女の子に「∼子」とつけることにも
こだわることもなく、バラエティーに富んだお名前が
多く見られますね。

 

この赤ちゃんには
驚くべき能力があるということが
研究の結果わかりました。

 

現在小さなお子様をお持ちの方はぜひ
必見です!

とても興味深い記事ですね。

  ▼   ▼  ▼