メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

最近の記事

深い呼吸でしあわせ感を引き出す

深い呼吸でしあわせ感を引き出す

%LAST_NAME%さん

深い呼吸でしあわせ感を引き出す・・・ 

 

ゆったりとした深い呼吸

呼吸というのは、自分の意志で
コントロールできる唯一の自律運動です。

そして、呼吸は感情と密接に関連しています。

 
恐れや怒りが強いとき呼吸は早く、
そして浅くなっています。

呼吸をゆっくり、深くすることで、感じている
ネガティブな感情を変化させることができます。

 
感情は、ある種のエネルギーの塊として
体の中に残っています。

 

呼吸を深くすることで、
その塊を解放することが出来るのです。

 
無理に感情を変えようとするとかえって、
解放しきれません。

呼吸を深くしつつ感じていくことで、
早く抜けることが出来ます。

 

私達の心が落ち着いていてリラックスしている時には、
呼吸は1分間に18回程度が平均と言われています。

 

しかし、体が疲れてくると呼吸はどんどん
浅くなってしまいますし、 動揺していたり
怒っている時には呼吸はアンバランスになって
荒くなってしまいます。

 

感情をコントロールする事は難しくても、
バランスを失ってしまった呼吸を
コントロールしてあげる事によって、 
感情を少しでも正常な状態へと戻してあげる事も
可能になります。

 

ちなみに、禅などを行なって精神が
かなり安定している場合には、
呼吸の回数は1分間に5回程度なのだそうです。

 

呼吸は、
単にストレスによってもたらされた
副作用の修復の役割をするだけではありません。

重要なのは呼吸することにより、
ストレスを受ける内的構造そのものを
取り除くことができるという点です。

 

同じ仕事なのにストレスを受ける人と受けない人がいます。

ストレスは、単なる外部からの刺激というより
各自のもっている観念によるところが多いと言えます。

 

ほとんどの人が自分だけの偏狭は
観念の目で世の中を見、それに合わないすべてに対して
ストレスを感じ、溜めます。

 

呼吸を通じて深い瞑想状態入ると、
自分がもっている観念をできる境地に入ります。

 

そのような高い意識レベルでは、
観念を見るだけで観念を消すことができます。

 

それによって、すべてを肯定的に考える余裕ができ、
性格も良い方向に変わって対人関係が円満になります。

 

現代人が抱える疾患の80パーセントは、
心因性疾患だと言います。

 

体の具合が悪くて病院にいたのに、
診断の結果何ら異常がないという場合があります。

 

このような、原因不明のあらゆる症状を
現代医学では「神経性」と呼んでいます。

心因性疾患は、気や血液の循環障害と
その障害による気の状態の異常により生じるのです。

 

ストレス社会に生きる私たちは、
交感神経が優位になりがちです。

 

ふだんから意識的に腹式呼吸を行い、
心身のリフレッシュを図りたいものですね。

脳と呼吸の密接な関係

脳と呼吸の密接な関係

脳と呼吸の密接な関係・・・

 

私たちは片時も休まず息をしていますが、
ほとんどの人はそれを自覚していません。

 

意識しないで自然に行なわれますが、
呼吸は生命維持に欠かすことのできない
最も基本的な活動です。

 

人間は食べないでも数日間は
耐えることができますが、
呼吸が止まってしまうと数分で死んでしまいます。

 

人体のあらゆる作用のなかでも、
呼吸が脳に及ぼす影響は特に重要です。

脳の活動には酸素が、
絶対的といっていいほど必要だからです。

 

人間の脳は、高性能コンピュータよりも
はるかに複雑勝つ緻密です。

 

呼吸や心臓の拍動などといった生命活動はもとより、
外部刺激の感覚的な受容と反応、体の平衡維持、
筋肉運動、思考活動など、人間活動のほとんどが
脳の管轄領域です。

 

体の中で最もたくさんのエネルギーを使うのは脳です。

 

脳の重さは人体の体重の2パーセントにすぎない
1350グラム程度ですが、
血液が全身に運ぶ養分の15パーセントを消費しており、
とくに何もせずに休んでいる時も、
体の中に取り込んだ酸素の20~25パーセント
消費します。

 

呼吸は気を利用して、脳細胞を振動させたり、
脳を膨張・収縮させることにより、
脳全体を運動させます。

 

そして、生命力に満ちた宇宙の生命エネルギーを
脳に供給します。

 

そうすることによって、脳細胞の老化を防ぐばかりか、
脳の萎縮した部分をきれいに復元するなど、
脳の構造的な問題を矯正することもできます。

 

そして、結果的には脳が健康になり、
脳の機能が正常化して情緒的にも安定してくるのです。

 

呼吸の大きな効果は、
体内の気や血液の循環を円滑にすることにより、
脳に十分な酸素を供給することにあります。

 

十分な酸素供給だけでも、
多くの病気を治すことができます。

事実、人間が悩む健康問題のほとんどは、
人体や気や血液が順調に行なわれないため生じるものです。

 

自然な気や血液の循環の流れを妨げる
最も基本的な原因はストレスです。

 

競争社会の中で
ストレスを受けながら生きている現代人は、
ほとんどの場合、脳が萎縮しています。

 

強いストレスにさらされ不安が続くと、
胸は縮まってしまいます。

 

このような胸の萎縮は、
気や血液の循環障害を引き起こし、
それによって脳に影響を及ぼし、萎縮してしまいます。

 

呼吸による脳の運動は、萎縮した脳を正常化させ、
脳の萎縮によって生じた情緒的な問題を解決してくれます。

 

呼吸は記憶力や集中力を向上させ、
脳機能のバランスを保つため効果的です。

 

最近、左脳型人間への限界が高まり、
認識されるに伴い、右脳への関心も
高くなってきました。

 

呼吸は、脳全体の機能を活性化させる運動であり、
右脳開発にも効果があります。

 

そして、右脳の開発を通じて創意力を向上させ、
EQ(感性指数)を高めることにもできます。

 

呼吸はつまり心を使う訓練だと言えます。

脳も心の向上させる呼吸を意識を持ってやってみましょう!

深い呼吸が自律神経を整える!

深い呼吸が自律神経を整える!

深い呼吸が自律神経を整える!

前回、自律神経の一つである
副交感神経を活発にしていく日常でできる
改善方法をお話ししました。

 

さらにそれと関連して、
この自律神経の中で、唯一コントロールできる
「呼吸法」についてみていきましょう!

 

深い呼吸が自律神経を整える

緊張状態にある時、
心を鎮めるために深呼吸が効果的であることは
よく知られています。

 

なぜ、呼吸を深くすると
心が落ち着くのでしょうか。

そのカギは、自律神経のバランス調整にあります。

自律神経は私達の意志とは関わりなく、
身体機能を健全に保つために働いています。

 

胃や腸、あるいは心臓が休みなく
動いているのも自律神経が機能しているためです。

 

自律神経とは、

私達が意識してコントロールする事は出来ません。

しかし、自律神経はとても繊細で
ストレスなどによってダメージを受けやすいため、
 ちょっとしたストレスや疲れなどが原因で
自律神経のバランスを崩してしまうこともあります。

 

そんな自律神経の中でも
唯一私達がコントロールする事ができるのは呼吸です。

 

呼吸を意識しながらコントロールする事によって、
 交感神経や副交感神経などの自律神経を
正常で健康な状態へと戻してあげる事が
可能になります。

 

交感神経は胸式呼吸で

 

呼吸法は、
大別すると胸式と腹式になります。

私たちはふだん胸式呼吸をしていますが、
とかく呼吸が浅く、短いものになりがちです。

 

しかし、この短い胸式呼吸は交感神経を刺激し、
これに疲労や心の動揺、怒りなどが加わると
呼吸はさらに浅く激しくなって
より交感神経が働くようになります。

 

短い胸式呼吸では吸い込んだ空気は
肺の中にまで到達せず吐き出されるため、
肺には炭酸ガスなど不要なものが溜まります。

 

この状態が長く続くと、
血液循環が低下したり、自律神経失調症を
招くことになります。

 

副交感神経は腹式呼吸で

一方、腹式呼吸は鼻で息を吸いながら
お腹をふくらませ、吐く息でお腹を
へこませます。

腹圧をかけるため、胸式より呼吸のリズムが
自然とゆっくりとなります。

 

腹式呼吸をすると、
肺の下にある横隔膜が上下運動します。

 

この横隔膜に自律神経が密集しているため、
吐く息を意識的にゆっくりとすればするほど、
自律神経を刺激し、副交感神経が優位になり、
リラックしていきます。

 

例えば、睡眠中は意識しませんが、
お腹を自然に上下させるような
腹式呼吸のため、ゆったりとした
リズムの呼吸になっています。

 

こうした複式呼吸を覚醒時に意識的に行うと、
自律神経のバランスがとれるわけですが、
これをさらに深めたものに「丹田呼吸法」
というものがあります。

丹田はヘソ下3寸(9㎝)のところにあるツボです。

先述のお釈迦様の呼吸法

この丹田に圧力をかける呼吸法といわれています。

丹田呼吸法も吐く息にのみ意識を集中しますが、
呼気の際に丹田に力を入れ、上半身を
45度以上前傾させることで息が多く出ます。

 

この呼吸法をしばらく続けていますと
脳波がアルファ波へと移行しやすくなりますので、
受験生やビジネスマンは試験前や会議前に行うと
ヒラメキや直感力が高まることが期待できます。

 

ストレス社会に生きる私たちは、
交感神経が優位になりがちです。

腹式呼吸は誰でも手軽にできる健康法です。

ふだんから意識的に腹式呼吸を行い、
心身のリフレッシュを図りたいものです。

交感神経のストレスを倍増させる原因とは・・・

交感神経のストレスを倍増させる原因とは・・・

交感神経のストレスを倍増させる原因とは・・・

 

自律神経のバランスが崩れると、
ストレスがたまってきます。

 

その一つの原因は、
交感神経が働きすぎていることです。

前回まで、自律神経であるこの交感神経と
副交感神経についてお話しました。

 

そして副交感神経を活発にする方法を
お話しました。

 

今回は交感神経の立場からみて、
こういうことは内容的にあまり良くないという
事柄をお話していきましょう!

 

ストレスが増えると、体内ではどのような反応が
起るのでしょうか?

 

簡単にいうと、“交感神経”が働き過ぎてしまい、
不眠や便秘など様々な不調の原因になります。

 

■1:冷たいものをとる

冷たいものをとると、
胃が冷え交換神経が活発になります。

逆に温かいものを飲むとほっとした経験は
ありませんか?

これは、副交感神経が働くからなんです。

ただ、熱すぎると真逆の交感神経が働いてしまうので、
ベストは体温程度のぬるま湯です。

夏の延長で、冷たいものを取り続けないよう
気をつけて下さい。

 
■2:早食い

本来、食事をすると副交感神経が働いて
消化吸収をし始めるのですが、早食いは
交感神経を働かせてしまいます。

 

これはよくかまないことが原因で、
きちんと食べ物をかんで食べると
唾液腺が刺激されて、唾液がたっぷり出ます。

 

この唾液腺が実は副交感神経の通り道なので、
よく噛んで唾液腺を刺激することで
副交感神経がきちんと働き、消化吸収を
スムーズに行ってくれます。

食欲の秋ですが、しっかりかんで
食べるようにしましょう。

 
■3:遠くを見る・集中する

目は自律神経(交感神経・副交感神経)と
深く関わっています。

人はモノを見るとき、
遠くを見る=交感神経が働く、
近くを見る=副交感神経が働く
というしくみに
なっていますので、近くでものを見る時間を
作ることも必要です。

ちなみに、近くを見る行為も
長時間集中してしまうと交感神経が
働きだしてしまうため、短編小説などで
長時間近くを見続けないよう気をつけないと
逆効果になります。

 

 ■4:息を吸う

ため息と深呼吸。同じ呼吸でも働きが
ちょっと違うものなのをご存知でしょうか?

リラックするためにオススメなのは“ため息”です。

息を“吐く”という行為が、副交感神経が
働かせてくれるのです。

この方法が副交感神経を働かせるのに
もっとも簡単な方法だと思います。

 
できるところからやってみましょう!

副交感神経を活性化する方法は・・・

副交感神経を活性化する方法は・・・

副交感神経を活性化する方法は・・・

前回もお話ししたとおり、
副交感神経は自律神経の2種類のうちの一つで、
もう一つは交感神経だということでしたね。

 

この交感神経は、
ストレスが多い社会に生きる私たちにとって、
優位になりがちです。

その結果、血管の収縮により、
頭痛や肩こりが起こったり、疲れやすい、
だるいといった症状が出ます。

 

前回副交感神経を活性化する方法として、
指先を刺激して副交感神経を
働かせる方法
をお話ししました。

 

その他には、日常的にできることはあるのでしょうか?

ある本でご紹介されていた方法を
さらにお知らせしてみたいと思います。

 

■1:朝慌てた生活では副交感神経が上がらない

副交感神経は夜眠っているときに高くなり、
朝、目覚めると交感神経が高まって、
副交感神経は下がっていきます。

 

歯磨き、メイク、着替え、掃除など
朝のルーティンをゆっくりとした気持ちで行いましょう。

 

慌てずに行うと、一気に交感神経が優位にならず、
徐々に副交感神経から切り替わります。

 

このおかげで、自律神経の
適切なバランスを保って過ごすことが
できるようになります。

 
■2:ジョギングよりもウォーキングがよい

特に中高年の場合は、かえって身体を
老化へと追いやってしまう危険があるそうです。

 

ジョギングよりウォーキングの方が、
呼吸が乱れることが少ないため、
副交感神経のレベルを下げずにすみます。

また、歩く一定のリズムが
自律神経を整えてくれます。

 
■3:怒りを持ちこさないこと

怒りによる自律神経の乱れは、
約3~4時間続きます。

朝一番に怒りを爆発させたら、
少なくとも午前中は思考力、
集中力ともに著しくダウンするのです。

 

クヨクヨ考えずに前向きな気持ちで、
1日をムダにしないようにしましょう。

 
■4:少しの片づけで気持ちをスッキリ

ムシャクシャしたときに、
机まわりを片づけるだけで、
気持ちが落ち着くことはありませんか?

 

事実、片づけには副交感神経を
高める効果があるとされています。

 

日中働くと交感神経が高まり、
夕方から夜にかけては副交感神経が
高まっていきます。

 

しかし年を取ると、
副交感神経が下がっていくため、
疲れが抜けないまま朝を迎えてしまうのです。

 

そこで仕事を終えて帰る前に、
少しだけでも片づけをすると、
自律神経を整えるスイッチになります。

 

このように、ストレスがかかって
神経が高ぶるようでしたら、
副交感神経を上げる工夫をしてみましょう!

楽しく快適に日常を過ごすために・・・

副交感神経の低下は老化を早める?!

副交感神経の低下は老化を早める?!

副交感神経低下は老化を早める?!

前回は梅雨の時期の心の不安定、
身体のバランスのくずれの原因、
解消法をお話ししました。

 

この原因の自律神経の乱れ、
特にこの中でも副交感神経の乱れが老化を早め、
更年期障害を招くということです。

 

順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生によると、
自律神経のうち副交感神経の働きが低下すると、
脳の血液が悪くなり、判断力が鈍ったり、
気持ちの切り換えが下手になるとのことです。

 

だいたいちょっと変化が起こると、
歳だから・・・という答えが返ってくることが多くなりますね。

この歳だから・・・という本当の意味はなんなのでしょう?

これが自律神経、副交感神経の乱れることによる
スムーズのなさなのですね。

■更年期障害との関連

若い頃は副交感神経の働きが高いため、
新しい出会いや変化がもたらすストレスによって、
一瞬、自律神経が乱れたとしても、
すぐに副交感神経がリカバリーされます。

 

しかし、年齢を重ねるごとに副交感神経の働きが
低下するため、新しい出会いや環境の変化が、
どんどん億劫になってくるのです。

 

しかもストレスが多く、生活も
不規則になりがちな環境では、ますます
自律神経のバランスが崩れてしまいがちになります。

 

自律神経の崩れは、集中力を低下させるなど、
メンタルの病気とも深く関わっていますが、
それだけでなく更年期障害や正体不明の不調などを
もたらすのです。

 

■自律神経のバランスを崩す生活

女性は40歳、男性は30歳を境に、
副交感神経の働きがガクンと下がるため、
自律神経のバランスが崩れやすくなるとのこと。

 

自律神経は、乱れた度にリカバリーし、
コツコツと副交感神経を高めていくのが
最善の策です。

 

ただ、いつもイライラしたり、怒ったり、
悩んだりすると、自律神経のバランスが
悪くなってしまいます。

また、暴飲暴食や不規則な生活、
睡眠時間が短いといったことも要因になります。

 

この他にも、不安や恐怖を感じ続けたり、緊張感が続く、
時間を気にする、焦るなどといった生活を長くしていると、
自律神経をリカバリーできません。 
緊張した時に交感神経が優位になり、
ホッとした時に副交感神経が上がってくるのですが、
緊張状態が長期間、休みなく続くと
間違いなくパフォーマンスが下がり、老化が進みやすくなります。

 

 
よく”ここぞ”という時には、
深呼吸をしたり水を飲んだりしますが、
それは意識的にリラックスし、副交感神経を上げることで、
正しい判断をできるようにするためと言われます。

さて、副交感神経を働かせるにはどうしたらいいのでしょうか!?

副交感神経はリラックス~ 

副交感神経を働かせる方法は身近にあります。

薔薇やラベンダーの香りをかぐ。(アロマでもOK)

マッサージ(ほぐし)をする。

基本的に癒しといわれているものは
副交感神経にとって良い刺激を与えます。

やりすぎに注意してうまく刺激しましょう!

そこでどこでも簡単に副交感神経を刺激する方法があります。

指先を刺激して副交感神経を働かせよう! 

指先(爪の根元)には副交感神経を
刺激するツボがあります。

爪の根元の横を挟むように
『痛気持ちいい』程度にマッサージしましょう!

 

それだけで副交感神経が刺激され働きをもたらせます。

常にもむ必要は無く気がついたとき
1日2~3回、にやってみてください!

しかし注意すべきは『薬指は刺激しない』です。

薬指は副交感神経ではなく交感神経を刺激してしまいます。

ですので、せっかく副交感神経を刺激させようと
しているのに薬指を刺激して効果が消えて
しまったということが無い様にしてくださいね!
では他の指はどうでしょう。

親指:肺や呼吸器関係

人差し指:胃や腸等の消化器官

中指:耳

小指:心臓等の循環器

もしそれぞれに不安がある方は
その部分を中心としてマッサージしてください。
あくまでもやりすぎは良くないので注意してください。

 

リラックスするために、すぐできる方法、ぜひやってみて下さい!

梅雨と心の関係は?!(2)

梅雨と心の関係は?!(2)

梅雨と心の関係(2)

改善するには・・・

自律神経が乱れると、「やる気が出ない」
といった心の不調だけでなく、
「手足が冷える」「肩がこる」「体がだるい」「頭が痛い」
など、体にも不調が出てきます。

 

ということは、

自律神経をコントロールできれば、
梅雨時も元気に過ごせるはずです。

自律神経は、

(1)交感神経系活動的な状態に体を整える神経

(2)副交感神経系緊張をほぐして体を休ませる神経

のふたつの神経系からなっていて、
一方が働いているときは一方が休息している
といったように、交互に働くようになっています。

 

この自律神経を上手くコントロールできないと、
“休憩しようと思っても、なかなかしっかりと
休息をとることができない”、

“やる気を出したいのに、副交感神経系が働き、
気合が入らず、だらだらと過ごしてしまう”
といったことになります。

自律神経をコントロールするために、
“活動と休息のメリハリを体に思い出させること”が有効です。

 

日中、自分の体力に合わせ無理のない運動をし、
夜はゆっくりと休息するなどして、
生活にメリハリをつけるようにすることが大切です。

■自律神経をコントロールする3つの方法

(1)適度に体を動かす

運動時には交感神経が優位な状態、
休息時には副交感神経が優位になっています。

運動が苦手な方は、
エスカレーターやエレベーターをなるべく使わず、
階段を利用するなど、日常生活の中で筋肉を
使うことを意識して見ましょう。

血行や代謝がよくなり、
余分な水分や毒素が体外に排出されます。

(2)ゆっくりぬるめのお湯でバスタイム

ぬるめのお風呂に入って、リラックスしましょう。

適温は38~40度。

副交感神経が優位となって、
リラックスできます。

入浴は床に就く30分前がオススメです。

湯上りに水シャワー(20度程度)を浴びることで、
交感神経と副交感神経を交互に刺激し、
自律神経を鍛えることができます。
(心臓に負担をかけないよう、無理のない範囲で行いましょう)

(3)自分の時間を作ってリラックス

部屋で本を読んだり、音楽を聴いたり、
自分の好きなことをゆっくりする時間を作りましょう。

リラックスさせる時間が活発な脳の状態から
副交感神経優位な状態に切り替えます。

その他にはどんな食べ物が効果的か・・・

梅雨は身体の中も湿気がたまりやすい時期です。

湿気の影響で、消化器機能が低下したり、
むくみ、痒みが出たり場合もあります。

身体の湿気取り(むくみ取り)には
麦、セロリ、ニンジン、大根、空豆がオススメです。

この時期、過食はご法度です!

食事の量をいつもの3分の2程に減らし、
胃腸を休ませてあげましょう。

 

脂っこい肉類や生魚、牛乳、ヨーグルト、砂糖は
身体の水分をこもらせてしまうので、
食べ過ぎないように気をつけましょう。

 

この時期は体内に水分をためこみやすいので、
1日1リットル~1.5リットルを目安にしましょう。

身体を冷やさないよう、冷たい飲み物やお酒は
なるべく避けましょう。

温かいハト麦茶は余分な水分を体外に
排出してくれるのでおすすめです。

脳が引き起こす「こころ」とは(2)

脳が引き起こす「こころ」とは(2)

脳が引き起こす「こころ」とは(2)・・・

前回は
大脳辺緑系の古皮質

大脳辺緑系の旧皮質についてお話ししました

今回は大脳新皮質についてです。

 

大脳新皮質の知的心
扁桃核や大脳辺緑系の情動を制御し、
感情の暴走を止め、理性的な行動を取らせ、
物質的現実的な利益をもたらします。

 

しかし、それは心が通じるという、
人間の心の本能欲求を満たすものではありません。

 

また愛情が伝わるものでもありません。

しかし、
大脳新皮質のコミュニケーション
実際的なことや、物質的な仕事に関して、
円滑に処理され、仕事をするために大切なことです。

ここに扁桃核や大脳辺緑系の言葉によらない
情動の情報の伝達や共感、共有が加わることで、
その人間関係の質とその深さは
より高く深いものとなります。

そしてそれが文化の広さ大きさ深さとなります。

そしてそれが社会のなかで
どれだけ互いに共有できるかで社会の文化基準や、
社会感情、環境の深さ広さとなります。

 

つまり、大脳新皮質、辺緑系、扁桃核

それぞれの関連性と相関性が
その人の人格の広さ深さとなります。

 

そしてそれを訓練し、成長させ学習することが
可能です。

 

それは大脳新皮質の情報を
言語に変換して記憶する機能が大役を果たします。

扁桃核の言葉にならない情動の情報を
言葉に変換して認識し、それを言葉によって制御します。

 

そこから得た感情情報を辺緑系や扁桃核に再入力し、
情動記憶をより肯定的プラス反応として
記憶庫に入れ替えることができます。

 

それは認知療法とも言えるものですが、
誰でも簡単に行えるセルフサポートです。

特に心の病を抱える人も、
よくその仕組みを理解することで、

自分を圧倒してしまう恐れや不安という情動を、
言葉で分解し、それに肯定的な言葉をプラスして変性させ、
より行動的積極的情動反応をもたらす情動記憶として
扁桃核や大脳辺緑系に記憶されます。

 

具体的には、言葉にならない、意味不明の不安感、
それを言葉に置き換えてみて、パズルをはずすように
ばらばらにしてみます。

 

そしてそれにそれを肯定的な思考に換える
言葉をつけるのです。

 

「明日が不安だ!」

「明日は不安だが、今日に意識を集中させ、今日を生きよう」
というふうにです。

常に肯定的な思いに変えていくということが重要なのです。

日々の暮らしのなかで心の安定感を感じたい時、
ぜひトライしてみましょう!