メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

短期記憶とは

短期記憶とは
 
短期記憶とは
 
 
前回、記憶のプロセスは『記銘・保持・想起・再生』の
4つの過程から構成される情報処理(情報の保持と再生)で
できていることをお話ししました。
 
 
最初の入り口が短期記憶です。
 
 
短期記憶は即時記憶と呼ぶこともあります。
 
 
また、短期の記憶の中で感覚刺激の後に
ごく短時間感覚した内容を保持する機能を
短期記憶から分けて感覚記憶として分類する
考え方もあります。
 
 
情報処理の過程で使われる短期記憶は
作業記憶(ワーキングメモリー)と呼ばれます。
 
 
 
外部からの情報を、視覚や聴覚などの
感覚器官自体での記憶する感覚記憶は、
イメージ力や右脳の能力にも通じるものがあります。
 
 
一度見たものを写真記憶のように覚えていられる人は、
記憶力も抜群ということです。
 
 
もともと狭い「記憶の入り口」を、
できるだけ広くするトレーニングを積むことによって、
記憶力を高めることができます。
 
 
 
これはワーキングメモリや海馬でも同様です。
 
 
狭い間口を広げることが、記憶力増強のポイントということです。
 
 
車窓からの風景を見ていると、
景色がどんどん流れていきますね。
 
 
 
その時にふと気になるものとか、印象深いものは
そこに注意が向きます。
 
 
すると、今度はワーキングメモリという
記憶領域が使われます。
 
 
ワーキングメモリとは、前頭前野で行われる記憶です。
 
 
作業記憶ともいわれるように、
何か必要な作業をしたあとは、
不要になるので忘れ去られるという特徴があります。
 
 
 
このワーキングメモリは、
一般に容量に限界があると考えられています。
 
 
短期記憶に関する容量限界という考えを
具体化したものとしては、Miller (1956)による
「マジカルナンバー7±2」 があります。
 
 
この論文によれば、数字や単語を記憶する場合、
 
人が記憶できる量は「チャンク」と呼ばれる塊りで表すと
 
7±2個の範囲に収まります。
 
 
 
その後の研究で、数字なら約7個、文字なら約6個、
単語なら約5個であることが分かってきました。
 
 
 
長い単語よりも短い単語の方が
 
たくさんおぼえられるという現象(語長効果)も、
 
それぞれの単語を記憶するのに必要な
 
ワーキングメモリ容量の違いによって説明されることがあります。
 
 
 
 
短期記憶に含まれる、第一段階の感覚記憶から
第二段階の作業記憶(ワーキングメモリー)も、
一度にたくさん覚えられないのです。
 
 
ですから、一度に覚えられる量を増やして、
 
間口を広げる訓練をすることが、
 
効果的な記憶術のトレーニングとなります。
 
 
 
 
間口の狭い短期記憶、そこで
何度も反復する必要があるわけです。
 
 
あるいは右脳を鍛えて、イメージや想像という
記憶術の手法が用いられます。
 
 
 
 
それは、「印象に残る」状態を作り、
車窓から何か興味のあるものを目にした時のように、
一気に長期記憶化できる可能性が高まるのです。
 
 
 
私たちがものを記憶する仕組みがわかると、
自分に足りなかったところがわかってきますね^^
 
 
脳を衰えさせず、いつも活性化している状態にしていきましょう!
 
 
 

「ストレス脳」の解決方法とは?

「ストレス脳」の解決方法とは?
「ストレス脳」の解決方法は?
 
 
ストレス脳とは、脳の使い過ぎなどが原因で
ストレスに過敏に反応し、オーバーヒート気味の脳のこと。
 
 
知らずに放っておけば、パニック障害などの
精神疾患に陥る場合もある危険な状態。
 
 
ストレス脳になると、身体に様々な症状を
引き起こすといわれています。
 
 
 
日本大学医学部の脳神経外科の
教授である酒谷先生は、
 
「ストレス脳」と言われるストレスに
反応しやすくなる脳の状態があるとおっしゃっています。
 
 
ご存じでしたか?
 
今回はまだ知らないという方のために
どんな脳の症状なのかをご紹介したいと思います。
 
 
      ▼  ▼  
 
ストレス脳は自律神経やホルモンのバランスを障害し、
さまざまな身体の異常を引き起こします。
 
さらに、最近、脳にもダメージを与えることが
分かってきました。
 
 
「近頃、物忘れが増えてきた」、
「頭の中がもやもやして考えがまとまらない」、
 
というような経験はないでしょうか?
 
 
 
このような時、「もしかして認知症になったのでは?」
と心配する方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
しかしそれはストレス脳の可能性があります。
 
ストレスによって副腎皮質から分泌される
 
ストレスホルモン(コーチゾール)が、
 
記憶や学習をつかさどる海馬の脳細胞に作用して
 
物忘れなどの症状を引き起こすのです。
 
 
 
ストレス脳による物忘れを解消するには、
 
脳をリラックスさせてストレス脳を
リセットする必要があります。
 
 
 
ストレス脳は、
 
肥満や高血圧などの生活習慣病を引き起こし、
 
放置していると最悪の場合脳卒中や
 
心臓病になってしまう可能性があります。
 
 
ストレス脳を治すことは、病気を予防することに
他ならないのです。
   (脳神経外科の教授である酒谷先生 解説)
 
 
 
 
そういうことがあるのかと
初めての情報の方もいらっしゃるかと思います。
 
 
ではこの「ストレス脳」から「リラックス脳」に
なるための解決方法はというと・・・
 
 
 
①身体を動かすこと
 
 
身体を動かすことで記憶力そのものも向上します。
ストレスも発散できて一石二鳥の方法です。
 
 
よく講座の中で途中で「ちょっと体を動かしてみましょう!」
と座席を立ってみんなで身体を動かすシーンが見られますが、
 
これは眠気防止でもありますが、記憶力をアップすることや、
 
ストレス発散の解消方法でもあるのです。
 
 
 
②香りで嗅覚を刺激することにより脳をリラックス
 
 
ストレス脳と嗅覚には深いつながりがあります。
特に良いのがアロマです。
 
 
私はアロマセラピーのインストラクターでもあるので、
ここで頭に良い、集中力のつくアロマをご紹介しますね。
 
 
 
★【ローズマリー・シネオール Rosmarinus officinalis CT2 シソ科 花と茎葉】
 
昔から頭脳明晰のハーブです。
 
ローズマリーの中でも1,8シネオールが多いローズマリーには
集中力強化の効果があるようです。
 
 
★【ペパーミント Mentha piperita シソ科 全草】
 
ℓ-メントールには中枢神経刺激作用・冷却作用があり、
スッキリして、集中力強化、記憶力低下予防。
 
 
★【バジル Ocimum basilicum シソ科 花と茎葉】
 
昔から神経疾患に使われていたハーブです。
 
精油としても自律神経調整作用が治療特性としてあり
集中力強化、記憶力低下予防に良さそうです。
 
 
勉強の合間にこれらのアロマを使いながら
進めていくと、持続力がつくようです!
 
試してみてくださいね。
 
③その他 五感を刺激する
 
★ 音楽による聴覚刺激
★ 映像による視覚刺激、
★ マッサージによる触覚刺激
★ 食事による味覚刺激
 
これらで、心地良く感じるものであれば
脳をリラックスさせるでしょう。
 
 
このように、アロマをはじめ、
 
脳をリラックスさせるには心地よい
 
刺激を五感に与えることが大切なのです。
 
 
 
脳がすぐ疲れやすいという方、
ぜひ試してみて下さいね^^
 
 

記憶するプロセスとは 

記憶するプロセスとは 
 
記憶するプロセスとは
 
 
記憶の原理からすると、
記憶するプロセスは次のようになります。
 
 
最初に印象を受けたものが刻みこまれる → 記銘
 
次にそれが蓄積される → 保持
 
第三にそれを思い出し、再現する → 想起
 
第四に覚えたと意識する → 再固定化
 
 
① 記銘
 
一時的に覚えることです。
 
聞いた電話番号を、とりあえず記憶するときのように、
すぐに忘れられてしまう記憶です。
 
つまり短期記憶の段階です。
 
 
② 保持
 
短期記憶を長期記憶にすることです。
 
ただ1度見ただけでは数分で忘れてしまうので、
何度も脳内で反復して繰り返します。
 
 
これによって長期記憶になります。
 
この段階では、まだ「長期記憶の初期段階」のため、
1日もすれば半分以上を忘れてしまいます。
 
 
エビングハウスの忘却曲線によると
記憶は、20分で約47%、
1時間で約56%、9時間で約67%
忘れると言われています。
 
つまり半日で30%くらいしか
覚えていないということになります。
 
これが忘れる脳を言われるゆえんかもしれませんね・・・
 
 
③ 想起
 
頭の中から思い出すこと、
すなわちストックされている知識を想起することです。
 
 
一度は長期記憶として保管できても、
それを「想起」、つまり思い出し、
アウトプットできなければ意味がありません。
 
 
記憶は、インプットしたことを、アウトプットできてこそ
意味があるということを忘れないようにしましょう。
 
 
 
④ 再固定化
 
人は何かを思い出すと、
その記憶が不安定になるという現象です。
 
 
ですから思い出すということは、
記憶にとって不可欠ではありますが、
思い出した瞬間に「記憶の干渉」をうけて
記憶が薄まってしまう危険がともないます。
 
 
このことから、一度は長期記憶にできた知識でも、
たえず復習によって磨き続ける必要があるわけです。
 
 
短期記憶とは「記銘」の段階であり、
人が外界から情報を取り入れるさいに、
はじめに通過する入り口になります。
 
 
外界からの情報は、
視覚(目)、聴覚(耳)、嗅覚(鼻)、触覚(肌、筋肉など)、
味覚(舌)という五感から入ってきます。
 
 
まずこの五感をフルに使って
いかに印象深く残すかが記憶につながる要素になります。
 
 
 
通常勉強している時は、ほぼ視覚と聴覚がほとんどです。
 
 
 
記憶術では覚える時に、視覚と聴覚だけではなく、
すべての五感を鍛えて関連づけることを
トレーニングするわけです。
 
 
 
外部の情報に対して、まずは「感覚記憶」
が使われます。
 
 
目を閉じたとしても1秒間くらいは、
目をあけていたときの光景が残るはずです。
 
 
また耳にした言葉や音も、
5秒間くらいは耳朶に残っているはずです。
 
 
たった数秒間の記憶の保持ですが、
この感覚記憶がなければ、さらなる短期記憶も、
ましてや長期記憶もありえません。
 
 
たとえば耳をふさいで目を閉じてしまえば、
外界からの情報が遮断されます。
 
 
情報自体入ってこなくなります。
 
これほど、感覚器官自体での記憶というものは重要です。
 
 
この感覚記憶は、
イメージ力や右脳の能力にも通じるものがあります。
 
 
一度見たものを写真記憶のように覚えていられる人は、
記憶力も抜群ということです。
 
 
もともと狭い「記憶の入り口」を、
できるだけ広くするトレーニングを積むことによって、
記憶力を高めることができます。
 
 
 
これは後で述べるワーキングメモリや海馬でも同様です。
 
 
狭い間口を広げることが、
記憶力増強のポイントということです。
 
 
 
ちなみに人が風景を楽しめるのも、
音楽を連続した音律として感じられるのも、
感覚記憶があればこそです。
 
 
一瞬前の光景や音律を記憶しているからこそ、
「連続したもの」として捉えられるわけですね。
 
 
 
次回はさらに短期記憶についてです。
 
 
 

記憶力と集中力を高めるシータ波が出るには?!

記憶力と集中力を高めるシータ波が出るには?!
記憶力と集中力を高めるθ(シータ)波を出すには
 
 
 
シータ波は集中力と記憶力が高まっている状態を表し、
アルファ波はリラックスしているときに発生します。
 
 
ベータ波は脳が活動しているときや、
イライラしているとき、マンネリ化して
飽きてきたときなどに発生します。
 
 
つまり効率的で質の高い勉強方法をしていくには、
 
いかにしてベータ波にならずに、
 
アルファ波やシータ波に持っていくか
 
ということがポイントです。
 
 
①「初めてのこと」に遭遇すると、海馬は自然とシータ波を発生させます。
 
「初めて」ではなくても、勉強に興味や好奇心を
そそぐことによって、同じようにシータ波を
発生させることができます。
 
 
「好きこそものの上手なれ」という諺があります。
 
勉強に興味をもって、自分から進んで
取り組んでいるときはシータ波が発生するので、
復習の回数が少なくても長期記憶に定着しやすくなります。
 
 
②基本をしっかり身につけて、中身を理解すること。
 
段階を踏んで進めていくことで、
内容が理解できどんどん進んでいくので
勉強が面白くなってきます。
 
これこそシータ波を発生させる王道と言えます。
 
 
③学ぶことを何か趣味と結びつけたり、
 
 ご褒美をもうけたりすると効果的です。
 
 
英語だったら、好きな英語の歌を聴いたり、
字幕なしで好きな映画を観たりというように、
趣味と連結させていくわけです。
 
 
また時間や内容を区切って、
ここまで頑張ったら、好きなお菓子を食べられるとか、
好きなDVDを観るというように自分で報酬を設定すれば、
勉強に集中でき、シータ波が発生します。
 
 
この報酬を設定することによるシータ波の発生は、
以前にもお話しした脳の中の報酬系に関係があります。
 
 
報酬系とは、脳において、欲求が満たされたとき、
あるいは満たされることが分かったときに活性化し、
快感の感覚を与える神経系のことです。
 
 
報酬系は中脳の腹側被蓋野から
大脳皮質に投射するドーパミン神経系
(別名A10神経系)であると言われています。
 
 
報酬系の働きは、学習や環境への適応において
重要な役割を果たしています。
 
 
 
長期的な報酬を予測することで、
疲労や空腹といった短期的欲求を抑えて
勉強や仕事を優先できるようになります。
 
 
 
また、報酬系神経系の働きが、
大脳皮質の可塑性に影響するという報告もあり、
学習においても同様に報酬系が重要である。
 
 
「誉めて育てる」という言葉はこのことを表現しているのでしょう。
 
 
 
④ほめてあげることでシータ波が発生し、
 
 それが勉強のやる気へとつながっていきます。
 
 
自分で自分をほめるには、必ず達成できるノルマを決め、
それを成し遂げて達成感を味わうことで代用できます。
 
できるだけ目標を数値化することで、
やりきったときに達成感が高まります。
 
 
 
⑤合間に短い休憩時間を設定することで、
 
 それが報酬(前述)になってやるべきことや
 
 勉強を頑張れますし、休憩することで
 
 シータ波が復活します。
 
 
 それが、次の勉強へのモチベーションとなります。
 
 だらだら行なっていると、どうしても単調になり、
 疲れてきて集中力が低下してきます。
 
 
 脳波がシータ波からベータ波へと移行してしまうのです。
 
 
 そうなると、記憶力も下がってきて、
 効率よく頭に入らなくなります。
 
 
そういったときは長くても1時間ずつ勉強を区切り、
適度な休憩をはさみながら学習していくことです。
 
 
要は「リズム」をつくれば、単調にならずに、
つねに海馬からシータ波を発生させられるわけです。
 
 
⑥運動は、記憶力をアップさせるための、
もっとも簡単な方法です。
 
 
 
運動することによって、海馬が刺激され、
シータ波が発生して、集中力や記憶力、
やる気が高まるということです。
 
 
勉強に運動を上手に組み入れていきましょう。
 
 
 

記憶とθ(シータ)波の関係は?!

記憶とθ(シータ)波の関係は?!
記憶とθ(シータ)波の関係とは・・・
 
 
海馬は、記憶の鍵を握るとても重要なはたらきをしています。
 
 
勉強に興味をもって、自分から進んで
取り組んでいるときはシータ波が発生するので、
復習の回数が少なくても長期記憶に定着しやすくなります。
 
 
 
θ波は、「脳波」の一種です。
 
 
脳波としては「α波」や「β波」などがよく知られています。
 
 
特に脳がリラックスするとα波を出すということから、
α波を出させるようなクラシック音楽や自然や海の波の音など、
α波音楽があります。
 
 
 
こういう音楽を聴くことにより、
体や精神の健康に良いと言われています。
 
 
 
同じようにθ波も脳波の一種なのですが、
α波ほどは一般に知られていないようです。
 
 
 
θ波は主に海馬から発せられる脳波で、
 
一秒間に5回くらいの周波数で規則正しく
 
リズムを打つ特徴を持っています。
 
 
 
この周波数のことを「θリズム」といいます。
 
 
といっても、海馬はいつもθ波を出しているのではなく、
特定のときにだけθ波を発生します。
 
 
 
もっとも顕著にθ波が現れるのは、
新しいものに出会ったり、初めての場所に行ったりして、
あれこれと探索しているときです。
 
 
 
今までに出会ったことのない
初めてのものに遭遇すると、海馬はθ波を出して活動します。
 
 
そして、目の前にある物事を海馬は
記憶しようとするのです。
 
 
 
θ波は記憶しようという意思の表れです。
 
 
 
海馬が活性化されていれば、
それだけ記憶力が高まり、少ない反復回数であっても、
より強固な長期記憶になっていきます。
 
 
そのキーワードが、シータ(θ)波です。
 
 
海馬からシータ波が出ているときというのは、
”記憶の管制塔”である海馬が
活性化しているということです。
 
 
言い換えると、
外部からの情報を記憶に焼き付けようと
スタンバイしている状態ですね。
 
 
 
ですから海馬からシータ波を出すことに成功すれば、
 
そのときに外部から入ってくる知識は
 
長期記憶として定着しやすくなるわけです。
 
 
 
 
では次回はどうすればθ波が出やすくなるのか、です。
 
 
 

イメージ記憶法のプロセスは・・・ 

イメージ記憶法のプロセスは・・・ 
イメージ記憶法のプロセスは・・・
 
 
前回は、右脳+左脳こそが、本当の
イメージ記憶術というお話しをしました。
 
 
ではそのプロセスは・・・
 
 
基本は、全体概要の理解から・・・これが鉄則です。
 
 
 
そのほうが右脳のイメージ記憶ができるので、
効率的な学習になります。
 
 
左脳による言語というものは、言ってみれば
右脳的なイメージを脳内に作り上げるまでの
「橋渡し」です。
 
 
 
イメージを作れないと、使い物になりません。
 
 
それは「わかったつもり」に
なっているだけかもしれません。
 
 
 
記憶をするということは、
 
「左脳的な文章」というところから、
 
最終的に「右脳によるイメージ形成」という道を
 
作っていくということでしょう。
 
 
 
難解な文章が多い教科や資格試験の勉強では、
 
まずは大きくとらえる概要や基本から、
 
理解していくことが唯一、右脳の
 
イメージ記憶を活用できる方法となります。
 
 
 
そのためには、最初のうちは細かい部分には
「あえて」目をつぶること、専門用語も無視すること、
しかも、できるだけ速読で進む。
 
 
 
このようにして、まずはザッとでもいいので、
1冊を読み切ってしまうことです。
 
 
 
そのあとも、同じように何回か、読み返すことです。
そのためには、分厚い参考書よりも、薄っぺらい入門書
から入るといいかもしれません。
 
 
なので速読も一緒にできると、記憶と速読で
スピーディに、勉強が進むということになりますね。
 
 
 
イメージが湧きづらい教科や資格試験の場合、
 
時間をかけて、だんだんと脳内に、
 
おぼろげながらでも全体の構成というか、
 
概要のイメージが形成されていきます。
 
 
 
これはパズルゲームにおける、パズルボードです。
まずは完成図を見てから、ピースを置いていくプロセスなのです。
 
 
完成形を知らずに、細かいことをいきなり
記憶していこうすることは、どうも無理があるようです。
 
 
まずはじめに全体の概要を理解する。
 
そうしてこそ、そのあとに細かい部分が
自然と吸収され、記憶されていきます。
 
 
乾いたスポンジが、水を吸っていくように・・・。
 
 
その反対に、いきなり細かいことを覚えようとしても、
すぐに忘れてしまいます。
 
 
ところが、概要理解という豊饒な大地に
根ざすことができれば、その土台の上に
細かい事項を記憶できます。
 
 
そうなると、つねに「大地にしっかりと根を張る植物」
のように、脳内で孤立しない長期記憶となります。
 
 
しかも大脳という大地から、いつでも
水分と栄養をくみ上げることができるので、
さび付きにくく、しかも思い出しやすい記憶になるのです。
 
 
このように右脳による本当のイメージ記憶とは、
「概要理解というイメージ」を土台にすることにあります。
 
 
 
右脳的なイメージを土台として、
左脳的な個々の知識を構築していくことこそが
最高の記憶法と言えるでしょう。