メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

前頭葉は頭脳の司令塔?!

前頭葉は頭脳の司令塔?!
 
 

前頭葉は頭脳の司令塔?!

前頭葉が創造力を備えている
大事な脳の部分であると説明しましたが、
その中でも創造性に関わりがあるのが「脳幹網様体」です。

「脳幹毛様体(のうかんもうようたい)」は
延髄から中脳と呼ばれる部位にあり、
網の目のような形から、この名前で呼ばれています。

神経細胞が複雑に絡み合っているので
網の目に見え、脳幹毛様体から繋がる神経繊維は
大脳皮質へと繋がっています。

 

脳幹毛様体からの情報はすべて
大脳新皮質へ整理される事なく送られ大脳を
活性化させる役割があります。

大脳に働きかけるという点で
人間の意識を保つ役割もあるといえます。

 

大脳は機能別に、
①前頭葉、②頭頂葉、③後頭葉、④側頭葉の
4つに分けられます。

 

① 前頭葉とは・・・

頭の前半分、側頭葉の上前部にある領域で、
前頭前野と運動野、運動前野に分けられます。

 

運動野は頭頂葉に接する部分、
その前方に運動前野があります。

どちらも運動の遂行や準備に関わっています。

 

前頭前野は、思考や創造性を担う
脳の最高中枢と考えられ、生きていくための意欲や、
情動に基づく記憶、実行機能などをつかさどっています。

 

前頭前野は、脳全体の司令塔、
あるいはオーケストラの指揮者にたとえられます。

 

特に前頭前野46野は、重要です。

ここを活性化すると、いわゆる頭のきれる人、
頭がいい、ということになるのです。

 

■ 前頭葉にダメージを与えると・・・

・外界に対して無関心、無頓着になった

・注意力がなくなり、反応性が乏しくなった。

・状況を理解したり、推理したりすることが困難になった

・時と場所をわきまえない浅はかな言動が多くなった

・我慢ができなくなり、己の感情のままに行動するようになった

 

前頭葉に問題、損傷が発生すると

人間がどうなるかと言うと典型的な症状が
「気分の変化」と言われております。

 

■ 前頭葉を活性化すると・・・

前頭葉に最も特徴的な働きは、
意欲、創造、実行です。

大脳全体から得た情報を元に現状を認識し、
未来に向けて行動をする
司令塔の役割を果たしているのです。

 

大脳皮質へと伝わったデータを
この前頭葉で受け取り、他の情報と統合、
整理し、直接の行動へ繋げます。

 

認知症になると記憶力が減退することが
知られていますが、それとともに
前頭葉の機能も低下します。

 

その結果、意欲が低下し、
計画を立てて実行するといった行為が
困難になってきます。

 

知識や情報はあっても判断ができない、
といった状況に直面します。

 

脳全体を統括し、指令を発し続けている
前頭葉を鍛えることこそ、
脳力トレーニングの最終目標だといえます。

http://kioku.or.jp

脳に栄養を与える食事とは・・・

脳に栄養を与える食事とは・・・
 
 

脳に栄養を与える食事とは・・・

セロトニンとは
『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、
体内で特に重要な役割を果たしている
三大神経伝達物質の一つです。

 

セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、
心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、
『幸せホルモン』とも呼ばれます。

 

セロトニンが不足すると、
うつ病や不眠症などの精神疾患に
陥りやすいと言われています。

 

3種類の脳内神経伝達物質の中で
注目されているのが
セロトニンです。

 

セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから
作られています。

 

ただし、トリプトファンは脳内で作られる物質なので
食物から摂取はできません。

 

さらにトリプトファンは抗うつ作用
があると言われています。

 

トリプトファンが増えるとセロトニンが増え、
セロトニンが増えると回避反応、睡眠、痛覚の敏感、
下垂体ホルモンの分泌などに関係しており
不眠症に効果があります。

 

 

セロトニンは、ノルアドレナリンや
ドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを
整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足すると
精神のバランスが崩れて、暴力的(キレる)になったり、
うつ病を発症すると言われています。

 

セロトニンという言葉はうつ病などの
精神疾患に関する話題や、忙しい現代人が
抱えるストレス問題と同時に語られることが多いようです。

 

セロトニンは自然界の動植物に
一般的に含まれる物質で、トリプトファン
という物質から生合成されます。

 

人体中には約10ミリグラム程度が存在しています。

そのうち約90%は小腸の粘膜にある
クロム親和細胞と呼ばれる細胞内にあるため、
昨今急増しているIBS(過敏性腸症候群:慢性的な下痢や便秘などの
便通異常を伴う腹痛や腹部の不快感が繰り返される疾患)
などの症状にもセロトニンが関連しているとも考えられており、
腸などの消化管の働きに作用していると考えられています。

 

体内の残り10%のセロトニンのうち、
8%は血小板に収納され、血液の循環を通じて
体内を巡ります。

残りの僅か2%が脳内の中枢神経に存在しており、
この脳内の僅か2%のセロトニンが
人間の精神面に大きな影響を与えている

と考えられています。

 

トリプトファンとは牛乳から発見された必須アミノ酸の1つで、
人体で合成することができません。

 

よって、食べ物から摂取することが必要になります。

タンパク質を作る材料として使われる分を除いては、
肝臓や腎臓で分解されて、エネルギー源として利用されます。 

 

トリプトファンはさまざまな食品のタンパク質に
含まれていますが、量は多くありません。

 

トリプトファンを多く含む食べ物には、
チェダーチーズ、牛乳、卵黄、高野豆腐、
アーモンド、バナナ、きな粉などがあります。

 

★トリプトファンの含有量(食品100g当たり)

•    バナナ 10mg/100g
•    豆乳 53mg/100g
•    牛乳 42mg/100g
•    ヨーグルト 47mg/100g
•    プロセスチーズ 291mg/100g
•    ひまわりの種 310mg/100g
•    アーモンド 201mg/100g
•    肉類 150~250mg/100g
•    赤身魚 200~250mg/100g
•    糸引納豆 242mg/100g
•    すじこ 331mg/100g
•    たらこ 291mg/100g
•    白米 89mg/100g
• そば 192mg/100g

レシピの一例では

★ 簡単でおいしいおそばを食べましょう。

★ かつおやまぐろを食べましょう。

★ ツナ缶が常備できてお手軽です。

★ お肉では、豚もも肉を冷凍庫に常備しておきましょう。

★ 嫌いでなければ時々レバーも食べましょう。

★ しらす、たらこ、のり、ごまを常備して、
  ごはんに乗せて食べましょう。

★ お味噌汁の具には、豆腐、油揚げ、凍り豆腐、ふ

  わかめ、ほうれんそう、青ねぎがおすすめです。

 

◆ おやつにはおやつ 加工されたお菓子は少なめが好ましいです。

 (砂糖などの精製された炭水化物によってビタミンBが消耗します)

◆ アーモンド、落花生、くるみ、カシューナッツなどの
  ミックスナッツや、チーズのせクラッカー、
  バナナ、サツマイモなどはいいです。

◆ 甘いものを食べるとしたら、果物や小豆入りのお菓子がいいですね^^

 

右耳と左耳のどちらが聞きやすい?!

右耳と左耳のどちらが聞きやすい?!
 
 
 

右耳と左耳のどちらが聞きやすい?!

電話をとった時にどちらの耳を
受話器にあてるでしょうか?

 

自分で聞きやすい方の耳を無意識に使いますよね。

左耳の方、右耳の方、それぞれいらっしゃるでしょう。

以前に利き手、右利きか、左利きかというお話をしました。

 

今回は「利き耳」というか、要するに、
右耳か、左耳かということについて、
実際にそんな言葉はないのかもしれませんが、
実は耳も均等に情報を受け取っているわけではないようです。

 

聴覚の分担も右脳は左耳を、
左脳は右耳を司っています

 

受話器をとって電話で話をするときに
実験してもらうと、右耳に受話器を当てると
左脳が働き情報が伝わりやすくなります。

 

これは左脳が言語脳の役割を果たしているからです。

 

逆に左耳で聞くとイメージ脳の右脳が働き、
細かい情報や数字などの聞き取りが
あいまいになりやすいと言われています。

 

両耳の実験でとくに顕著に反応が現れるのは
数字の計算などです。

 

右耳で聞くのと左耳で聞くのでは
正解率は右耳の方が高かったというデーターも
実際にあるようです。

 

さらに面白い実験結果が出たのは
音楽を聞かせた時の反応です。

 

歌詞を理解できるような曲(歌謡曲など)と
メロディーだけのクラシックやジャズなどの曲を
聞かせてデーターを採ってみました。

 

歌詞などの情報が分かる曲は右耳(左脳側)で、
そして、漠然としているクラシックやジャズは
左耳(右脳側)で聞き分ける人が多かったと報告があります。

 

このように、耳から入る情報によって
脳の切り替わりがなされているという、
とても興味深いものがあります。

 

脳の活性化とアロマテラピー・・・

脳の活性化とアロマテラピー・・・
 
 

脳の活性化とアロマテラピー

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感の中で
唯一、嗅覚だけが、感情と記憶に関係する
大脳辺縁系に直結しています。

 

大脳辺縁系というのは
食欲や性欲、快・不快といった人間の本能の部分なのです。

 

また、よい香りでリラックスしたり、
体調が良くなったりするのは、この自律神経に
作用しているために起こりうることです。

 

視床下部にも作用し、自律神経を調節しています。

つまり、大脳新皮質を経由せずに、
大脳辺縁系の海馬や扁桃体、
視床下部に達することができるので
脳に強いインパクトを与えます。

 

そのため、嗅覚よって思い出される記憶は、
他の感覚刺激によって思い出される記憶よりも
より鮮明でより感情的であると考えられています。

 

嗅覚で感じ取った香りは眠っている間でさえ、
きちんと脳に届きます。

 

なので香りというのは、
そのときの感情や本能に強い刺激を与え、
気分をよくしたり、リラックスさせたり、
興奮させたり、元気づけたり、
と直接心や体に作用するのです。

 

そしてそれらを海馬という部分で記憶するのです。

それが『思い出』となり残ることになります。

 

つまり嗅覚で感じた香りは
ダイレクトに脳に伝わり、その時の感情や気分に作用し、
それをそのまま記憶するため、
見たり聴いたりするより深く心に残る
ということになります。

 

人それぞれに
“この香りであの頃の思い出や感情が蘇る”
というのはこういった香りと脳の
メカニズムがあるからなのです。

 

原始的哺乳類は夜行性であったこと、
食べ物が安全かを確かめるのにまず
臭いで判断するほうが食べてみるよりも
安全であることから、
視覚や味覚より先に嗅覚が発達したと考えられています。

 

嗅覚のこの特性を活かして
癒しの効果を高めているのが
アロマテラピーです。

匂いの情報は、
大脳辺縁系を経て、
本能を司る視床下部にも伝えられます。

 

視床下部は
食欲や性欲などの本能を司るほか、
睡眠、内臓調節などの
自律神経の中枢が集中している
部位でもあるのです。

 

アロマテラピーはこの作用を利用し、
精油の香りを脳へ直接働きかけます。

脳に刺激を与えることにより
自律神経の最高中枢である視床下部に作用し、
自律神経の乱れを整える
といった考え方もあるようです。

アロマテラピーが
脳や精神をリラックスさせるだけでなく、
疲労回復やホルモンバランスを
整えて免疫機能を向上させる
効果があるのもこのためです。

 

また、好きな精油の香りを利用することができるので、
日常生活に取り入れ易いのも
アロマテラピーの良いところではないでしょうか。

 

特にラベンダーやジャスミンの
アロマにはリラックス効果があることが分かっています。

逆にペパーミントやユーカリ、
レモン、ローズマリーなどには
集中力を高め、気分をリフレッシュさせる
効果があります。

 

また、気分を高揚させるのは
オレンジやグレープフルーツ、ローズ
の香りです。

 

こうした香りの効用を知っておくと
目的によって使い分ける事もできますし、
脳を活性化させることも可能なのです。

 

リラックスして脳の疲れを癒したい時は
ラベンダーの香り、
朝に気分を高めたければ
オレンジやローズの香りを嗅ぐと
脳はがぜんやる気を起こすのです。

 

あなたの目的にあった
オイルを入手して、
自宅で気軽にアロマテラピーを楽しみ
脳を活性化させてください。

 

学校の成績の良し悪しは暗記力の違い?!

学校の成績の良し悪しは暗記力の違い?!
 

 

学校の成績の良し悪しは暗記力の違い?!

学校での授業で行われる試験で試されるのが
暗記力!

この試験となっているようです。

 

英語の単語を覚える、歴史の年表を覚える、
数式を覚える、化学式を覚えるなど
覚えることが勉強の中心となっています。

 

学校の試験の成績がよければ優秀なのか?
と言うと一概にそうとは言えないでしょう。

 

学業が優秀な人間がスポーツも優れているか?
というとそうでもないケースもありますし、
学業はあまり得意ではなくても、スポーツには優れ、
みんなをリードできるということもあるでしょう。

 

実際に文武両道をできる人もいます。

学校で重要視される知識力の試験と
環境適応能力(状況に合わせて柔軟かつ的確に判断する能力)は
別物なので学校の成績が悪いだけで
その人の価値を決めてしまうということには、
違和感を感じます。

 

学校試験のような暗記力のよさだけが
目立つ人には応用力を使うことが苦手とか、
学校の成績優秀なので実際に現場ではどうか、

というと自らが企画、創造して仕事する能力が
乏しく期待はずれだったりというケースも
あながちないとは言い切れません。

 

学業優秀で応用力がずば抜けている人も
実際にいますし、学業が苦手でも実社会では
バリバリに働き出世する人もいます。

 

試験での成績はあくまでも学校と言う
特定の環境で使う物差しのようなもので、
その後の実生活でいかに暗記力をうまく使うか、
使えるかの方が大事なのではないでしょうか?

暗記力が優れているにこした事はありません。

暗記という左脳で字ずらや数字などを
単純に入れ込むということではなく、ここで
とっておきの記憶法を使うことで
次のステップの創造力を得ることができます。

 

特に右脳のイメージ力を使って、
楽しく脳のあらゆる分野を使い、
特に前頭前野46野を活性化するものです。

http://kioku.or.jp

暗記力と対極に位置する創造する力は,
脳のあらゆる部分を動員させ能力を発揮させます。

 

この能力は発明や発見と言った分野で
特に顕著に現れ、暗記力とは違って
多方面からの情報を収集し自らの頭の中で
検証を加えていく能力となります。

 

より実践的な能力と言えるかもしれません。

 

見たり、聞いたりする情報を自らが判断し、
脳全体をフルに活動させ創造性の高い仕事が
できる状態です。

 

これには、直感やインスピレーションなどを、
瞬時に受け取れるような、感性の高さも必要でしょう!

そんな感性の良さも培うことが大事ですね・・・

http://kioku.or.jp

 

利き手と左右の脳の関係とは・・・

利き手と左右の脳の関係とは・・・
 

利き手と左右の脳の関係とは・・・

 

右脳と左脳はそれぞれの働きは、

「左脳」は「言語脳」
「右脳」は「イメージ脳」
といわれています。

 

「左脳」は言語に関わる機能をつかさどり、
「右脳」はイメージに関する機能をそれぞれ分担しています。

 

各機能を詳しく説明すると下記のようになります。
「左脳」=「言語脳」

論理的思考、言語、文字、記号、計算など

■「右脳」=「イメージ脳」

音楽、図形、絵画、立体、パターン認識など

こうして見ると、左脳が考える思考
右脳が感覚の思考というイメージが
伝わりやすいのではないでしょうか。

人間以外の動物には脳の左右分化がなく、
種別にみてもサルや鳥類などの中から
個別に脳の機能が発達した個体など除いては
ほとんど差がないようです。

 

脳の左右分化は直接、体の機能について関連しており
有名な例としては下記があります。

 

身体と脳の関係でいえば、
左半身=右脳からの指令で動く
右半身=左脳からの指令で動く

ということは、
脳溢血や脳梗塞などの病気で、
左の脳にダメージを受けると、
右半身の動きが悪くなり、
右の脳にダメージを受けると、左半身の動きが
悪くなるということですね。

 

左右の脳と左右の利き手の関係は
どのようになっているのでしょう?

 

右利きと左利きの割合は7対3または
8対2と言われるほど左利きの人は少ないですが、

国によっては左利きと右利きが
半分ほどの確率で存在する地域もあります。

 

また生まれつき利き腕が
決まっているわけではなく,
育った環境によって利き腕が決まるとも
言われています。

 

さらに、大人になって意識的に
右利きの人がなんらかの目的で、
左手だけを使って生活したところ日常生活の中で、
不自由しない程度に左手を使えるようになった
という報告もあります。

 

生活環境によって右利きが多くなっているとしたら、
それは左脳を使う生活が右脳を使う生活より多いため
右利きになってしまったと言えるのかもしれません。

 

実際に脳波をとってみると
日常生活では左脳の方が使われる割合が
高かったそうです。

 

しかし、これは起きて行動している期間の話であって、
睡眠中は逆に右脳の方が活発に活動します。

 

右脳を活発に働かす、または右脳を鍛えるのに,
昔から用いられている方法としては
食事時に右利きの人はわざと左手を使って
食事をとる方法です。

 

では、左脳、右脳の両方を使いこなす、
または均等に運用することができれば
どのような効果を生み出すのか?

 

片方の脳しか使いこなせていない
日常の状態とどう違うのか?

 

右利きの人が、なるべく左手を使うようにすることは、
脳のシナプスを活性化して右脳の活性化に
つながるのではないでしょうか。

 

脳全体の活性化にもつながります。

http://kioku.or.jp

普段の生活の中でドアを左手で開けてみたり、
スプーンやフォークを左手でトライすることなど、
刺激をしてみてはいかがでしょう。