メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

記憶とθ(シータ)波の関係は?!

記憶とθ(シータ)波の関係は?!
記憶とθ(シータ)波の関係とは・・・
 
 
海馬は、記憶の鍵を握るとても重要なはたらきをしています。
 
 
勉強に興味をもって、自分から進んで
取り組んでいるときはシータ波が発生するので、
復習の回数が少なくても長期記憶に定着しやすくなります。
 
 
 
θ波は、「脳波」の一種です。
 
 
脳波としては「α波」や「β波」などがよく知られています。
 
 
特に脳がリラックスするとα波を出すということから、
α波を出させるようなクラシック音楽や自然や海の波の音など、
α波音楽があります。
 
 
 
こういう音楽を聴くことにより、
体や精神の健康に良いと言われています。
 
 
 
同じようにθ波も脳波の一種なのですが、
α波ほどは一般に知られていないようです。
 
 
 
θ波は主に海馬から発せられる脳波で、
 
一秒間に5回くらいの周波数で規則正しく
 
リズムを打つ特徴を持っています。
 
 
 
この周波数のことを「θリズム」といいます。
 
 
といっても、海馬はいつもθ波を出しているのではなく、
特定のときにだけθ波を発生します。
 
 
 
もっとも顕著にθ波が現れるのは、
新しいものに出会ったり、初めての場所に行ったりして、
あれこれと探索しているときです。
 
 
 
今までに出会ったことのない
初めてのものに遭遇すると、海馬はθ波を出して活動します。
 
 
そして、目の前にある物事を海馬は
記憶しようとするのです。
 
 
 
θ波は記憶しようという意思の表れです。
 
 
 
海馬が活性化されていれば、
それだけ記憶力が高まり、少ない反復回数であっても、
より強固な長期記憶になっていきます。
 
 
そのキーワードが、シータ(θ)波です。
 
 
海馬からシータ波が出ているときというのは、
”記憶の管制塔”である海馬が
活性化しているということです。
 
 
言い換えると、
外部からの情報を記憶に焼き付けようと
スタンバイしている状態ですね。
 
 
 
ですから海馬からシータ波を出すことに成功すれば、
 
そのときに外部から入ってくる知識は
 
長期記憶として定着しやすくなるわけです。
 
 
 
 
では次回はどうすればθ波が出やすくなるのか、です。
 
 
 

イメージ記憶法のプロセスは・・・ 

イメージ記憶法のプロセスは・・・ 
イメージ記憶法のプロセスは・・・
 
 
前回は、右脳+左脳こそが、本当の
イメージ記憶術というお話しをしました。
 
 
ではそのプロセスは・・・
 
 
基本は、全体概要の理解から・・・これが鉄則です。
 
 
 
そのほうが右脳のイメージ記憶ができるので、
効率的な学習になります。
 
 
左脳による言語というものは、言ってみれば
右脳的なイメージを脳内に作り上げるまでの
「橋渡し」です。
 
 
 
イメージを作れないと、使い物になりません。
 
 
それは「わかったつもり」に
なっているだけかもしれません。
 
 
 
記憶をするということは、
 
「左脳的な文章」というところから、
 
最終的に「右脳によるイメージ形成」という道を
 
作っていくということでしょう。
 
 
 
難解な文章が多い教科や資格試験の勉強では、
 
まずは大きくとらえる概要や基本から、
 
理解していくことが唯一、右脳の
 
イメージ記憶を活用できる方法となります。
 
 
 
そのためには、最初のうちは細かい部分には
「あえて」目をつぶること、専門用語も無視すること、
しかも、できるだけ速読で進む。
 
 
 
このようにして、まずはザッとでもいいので、
1冊を読み切ってしまうことです。
 
 
 
そのあとも、同じように何回か、読み返すことです。
そのためには、分厚い参考書よりも、薄っぺらい入門書
から入るといいかもしれません。
 
 
なので速読も一緒にできると、記憶と速読で
スピーディに、勉強が進むということになりますね。
 
 
 
イメージが湧きづらい教科や資格試験の場合、
 
時間をかけて、だんだんと脳内に、
 
おぼろげながらでも全体の構成というか、
 
概要のイメージが形成されていきます。
 
 
 
これはパズルゲームにおける、パズルボードです。
まずは完成図を見てから、ピースを置いていくプロセスなのです。
 
 
完成形を知らずに、細かいことをいきなり
記憶していこうすることは、どうも無理があるようです。
 
 
まずはじめに全体の概要を理解する。
 
そうしてこそ、そのあとに細かい部分が
自然と吸収され、記憶されていきます。
 
 
乾いたスポンジが、水を吸っていくように・・・。
 
 
その反対に、いきなり細かいことを覚えようとしても、
すぐに忘れてしまいます。
 
 
ところが、概要理解という豊饒な大地に
根ざすことができれば、その土台の上に
細かい事項を記憶できます。
 
 
そうなると、つねに「大地にしっかりと根を張る植物」
のように、脳内で孤立しない長期記憶となります。
 
 
しかも大脳という大地から、いつでも
水分と栄養をくみ上げることができるので、
さび付きにくく、しかも思い出しやすい記憶になるのです。
 
 
このように右脳による本当のイメージ記憶とは、
「概要理解というイメージ」を土台にすることにあります。
 
 
 
右脳的なイメージを土台として、
左脳的な個々の知識を構築していくことこそが
最高の記憶法と言えるでしょう。
 
 

右脳を使うイメージ記憶術とは

右脳を使うイメージ記憶術とは
右脳を使うイメージ記憶術
 
大脳には右脳と左脳があり、
右脳はイメージや想像力、直観力、芸術的感性などを
担当しています。
 
 
それに対して左脳は、論理的思考、計算、言語などに
関係しています。
 
 
右脳は、左脳の論理的思考とは違い、
イメージとして一瞬で記憶できたり、
芸術などを鑑賞するときに活発になるので、
リラックスできるという特徴があります。
 
 
 
右脳と左脳は脳梁(のうりょう)という
部分で連絡を密に取り合い働いているので、
これらを明確に分けることはできません。
 
 
 
実際には両方とも使われており、
どちらをよく使うか、というニュアンスになります。
 
 
 
受験や仕事における資格試験などの勉強の場合は、
個々の事項を順序正しく、細かいところまで、
時系列に学ぶことも、もちろん重要です。
 
 
 
しかし、別の意味では、一目見て、一瞬で全体を理解する
というアプローチも大切です。
 
 
つまり、俯瞰的にみることも必要ということです。
 
 
「百聞は一見にしかず」ですね。
 
 
あれこれと論理的思考による説明を長時間、
聞くよりは、一回見たほうが早いということですね。
 
 
 
仕事のプレゼンテーションでも文字だけで説明されるよりは、
グラフや写真などビジュアルで見られる方が
わかりやすくなります。
 
 
 
習い事や芸事でも、まずは、うまい人の動きを
見ることが一番、わかりやすく、説得力があります。
 
 
とは言っても図や写真だけ並べただけで良いか、
というとそうではありません。
 
 
何かを学ぶ時、まず大枠の結論があり、
全体のイメージがつかめること、
大雑把にでも概要をつかめること、これが大事です。
 
 
 
このように右脳のイメージ記憶といっても、
写真やイラストのような「視覚的イメージ」
だけを言うのではありません。
 
 
人が話す言葉や、教科書の文章からも、
「だいたいの概要」や「言わんとしていること」を
脳内でイメージできるわけです。
 
 
 
つまり画像や写真はイメージ化を助けるものですが、
それに「言葉」を添えてこそ、初めて写真などが
意味をなしてくるわけです。
 
 
 
もし言葉による補助的説明がないと、
百人百様、さまざまな解釈が生じてしまうことに・・・。
 
 
 
ですから右脳によるイメージ記憶を活用していく場合は、
 
人の話であれ文章であれ、「言語」という
 
補助があってこそ意味をなしてくるということです。
 
 
 
 
もし画像やイラストだけでは、たんなる芸術的な鑑賞です。
 
 
それでは「学習」になりません。
 
右脳+左脳こそが、本当のイメージ記憶術
というわけです。
 
 
勉強法においては、まずは基本、全体の概要を
理解することが鉄則です。
 
 
そのほうが右脳のイメージ記憶ができるので、
効率的な学習になります。
 
 
 
左脳による言語というものは、言ってみれば、
右脳的なイメージを脳内に作り上げるまでの
「橋渡し」です。
 
 
 
的確な左脳的な言語を使っての全体把握、
 
それからがビジュアル的右脳のイメージ力を使っての
 
記憶力の向上が学習に役に立つでしょう。
 
 
 
 
次回はさらにこの右脳を使ったイメージ記憶法
についてお話していきますね。
 
 
 

記憶の仕方

記憶の仕方
記憶の仕方
 
 
では実際にどのように記憶するか、一部お話していきましょう。
 
 
五感をフルに使って記憶する
 
 
 
五感には、目から入ってくる「視覚」、耳からの「聴覚」、
 
においをかぐ「嗅覚」、肌や筋肉、内臓からの情報を受け取る「触覚」
 
いろいろな味を楽しむ「味覚」があります。
 
 
通常、目で読む(黙読)だけという勉強方法に
偏りがちがちです。
 
 
もちろんヒアリングをしたり、音読をしたり、
英単語の書き取りをすることもあるでしょう。
 
また板書をノートに写したりします。
 
 
しかし、それぞれの感覚を分離して使うよりも、
 
できるだけ連動させたほうが、
 
「脳への情報入力の量」が格段に増えます。 
 
 
 
そうすると記憶を担当している海馬が、
 
「より重要な情報である」と判断して、
 
長期記憶へと変換されやすくなります。
 
 
 
 
興味のあることは「情報の質が高い」ので、、
記憶しやすいものです。
 
 
1回1回の情報の質は低い」状態であっても、
送り込む回数を増やすことで、総体的に
「情報の質が高くなる」からです。
 
 
その結果、興味のあることと同様に、
海馬に重要な情報と認識させることが可能になります。
 
 
 
五感を活用して、一度に送り込む情報量を増やせば、
「興味をもつ」ことと同じような
「記憶力を高める効果」が得られるわけです。
 
 
 
たとえ、それほど面白くない勉強内容であっても、
少ない反復回数であっても、長期記憶とし
て固定されやすくなります。
 
 
 
前頭葉にあるワーキングメモリというところに、
 
外界からの情報や、過去の記憶を集めて思考しています。
 
 
 
ワーキングメモリの容量は非常に少ないため、
何か気がかりなことがあったり眠気があると、
別のことで占領されたり、頭が働かなくなってボーッとしたり・・・。
 
 
 
気がかりなこと(過去の記憶)のほうが、
外部から入ってくる情報より強ければ、
気がかりなことがワーキングメモリ全体を
占拠してしまいます。
 
 
 
体を使った記憶を、手続き記憶(方法記憶)といいます。
 
いわゆるノウハウ的な記憶に当たります。
 
 
 
意識しなくても、体が勝手に動くことってありますよね?
 
 
 
茶道でも武道でも、一定の手順を踏むものは、
体が酢でい覚えていて、特に考えなくても
すんなりでてくることです。
 
自転車乗りや、水泳などもそうでしょう。
 
漢字や英単語などは、できるだけ手を使って、
紙に何度も書く練習をすることが大事です。
 
 
 
このとき声に出しながら発音すれば、
視覚、触覚、聴覚の3つを連動できます。
 
 
すると、黙って手書きするよりも
、脳に送られる「情報の量」が増えるので、
より速やかに長期記憶化されていきます。
 
 
 
目の記憶は1秒、耳の記憶を4秒と言われています
 
 
 
自分が発音しながら、手を使って書くことで、
 
手を使う脳の中での運動野の記憶と、耳の記憶で
 
さらに記憶が上がるということになります。
 
 
 
この発音するということや音読することも、
口の開閉や発声器官など、体の動きを伴うため
手続き記憶の一種になります。
 
 
 
何度も繰り返して暗唱できるようになると、
無意識にでも口をついて出てくるようになります。
 
 
 
書き順を手が覚えていることと同じで、
「口が覚えている」わけです。
 
 
もちろん実際には、脳が記憶していることは
言うまでもありません。
 
 
ただ、意識を介在させなくても(無意識であっても)、
「体が勝手に動くことがある」わけですね。
 
ここが単なる知識とは異なる点です。
 
 
手を動かすことは、情報の取り込みとは別に、
脳を刺激します。
 
 
よく、クルミなどを手に持ったり、
親指を交互にくるくる回転させるような
脳トレのエクササイズがあります。
 
 
 
人の脳の頭頂葉にある「体性感覚野」には、
指やアゴからの入力がもっとも多いといわれています。
 
 
 
ですから指をつかって手書きすることは、
効果的な脳活にもなっているわけです。
 
 
そのことが記憶力をさらにアップさせていることは
言うまでもありません。
 
 
ぜひ自分で体感してみて下さいね^^
 
 
 

記憶力を高めるコツは?!

記憶力を高めるコツは?!
記憶力を高めるコツは
 
 
記憶力を高める方法として、いろいろな側面から考えていきましょう。
 
【その1】
 
脳の機能を働きやすく、バージョンアップすること
 
 
運動を習慣にして脳の血行をよくしたり、
脳にいい栄養素、サプリメントなどを
摂るようにすることも大事なことです。
 
 
たとえばビタミンB1、B6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12には、
脳の正常な機能を保つ役割があります。
 
 
 
神経伝達物質の生産、脳と神経細胞の
コミュニケーションなどに関わるため、
これらの栄養素が不足すると記憶力に
障害が出る可能性もあります。
 
 
 
青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸には、
加齢に伴う記憶力の減退を防いだり、
アルツハイマー病を防ぐ働きがあるといわれています。
 
 
まぐろの目の周りのゼラチン状のところには、
DHA(ドコサヘキサ塩酸)が含まれ、
記憶力の減退を防ぎます。
 
 
 
咀嚼は、記憶の中枢である海馬を活性化させるので、
これも有効です。
 
 
 
前頭葉のワーキングメモリの容量が大きくなり、
 
海馬の顆粒細胞が増えて、そこからシータ波が発生すれば、
 
脳力が全体的に高まります。
 
 
 
そうなると当然、「記憶力」も高まります。
 
 
そのほか集中力や思考力、判断力、読解力、洞察力など、
あらゆる脳の機能が全体的に向上していきます。
 
 
 
【その2】
 
覚えたことの反復学習をする
 
 
脳は使えば使うほど、その機能が高まっていく器官です。
 
 
その意味では、鍛えるほどに
発達していく筋肉と似ています。
海馬は脳の筋肉のようなものですね。
 
 
 
最近の研究では、海馬の歯状回にある顆粒細胞
 
という部分だけは、年齢を重ねても増えていくことが
 
分かっています。
 
 
 
 
今までの定説では脳細胞は減っていく一方で、
増えていかないということでしたので、
少しほっとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
 
普段から勉強を習慣化し、繰り返しをしている人は、
しぜんと海馬の細胞が増えて大きくなります。
 
 
その結果、記憶力が高まっていきます。
 
 
逆に勉強の習慣がない人は、
海馬をはじめとした脳の機能がどんどん衰えて、
海馬が委縮して小さくなっていきます。
 
 
 
そうすると、いくら表面的な「記憶術のテクニック」を使っても、
すぐに限界がきてしまいます。
 
 
 
脳の特性として、興味のあるもの、印象が強いものは
海馬に強烈に訴えかけ、側頭葉の長期記憶の保管庫へと、
すみやかに保管されます。
 
 
 
受験対策や資格試験の勉強方法でも、
できるだけ楽しく、興味をもつことが大切ですね。
 
 
 
楽しく興味をもてる対象にたいしては、
 
それほど復習の回数を増やさなくても、
 
長期記憶となるのです。
 
 
 
興味を持てない対象にたいしては、
どうしても復習を何度も繰り返す必要があります。
 
 
それにより、記憶の管制塔である海馬は、
ようやく重い腰を上げ、長期記憶として
脳内に留めてくれるのです。
 
 
 
復習のタイミングや回数、
期間はどのようにしたら効果的でしょうか?
 
 
 
復習の方法を考えるさいに、
 
エビングハウスの忘却曲線が、
 
よく引き合いに出されます。
 
 
 
これはドイツの心理学者である
ヘルマン・エビングハウスが行なった実験による結果です。
 
 
時間の経過に伴う、記憶の量の変化です。
 
 
 
それによると、たったの20分後には、
記憶したことの42%を忘れ、
1時間後には56%も忘れてしまった
という結果がでました。
 
 
 
 
エビングハウスの忘却曲線を参考にすると、
学習の直後から急激に忘れていくので、
学習後はできるだけ早めに復習する方法が
よいということになります。
 
 
 
その日のうちに一度繰りかえしたら、
翌日には、かならず復習の時間を設けます。
 
 
時間帯は、これも決まっていません。
 
 
朝でもよいし、昼でも寝る前でもいいと思いますので、
 
とにかく、記憶の整理を行う睡眠をはさんで、
 
もう一度復習することに意味があります。
 
 
 
 
人は寝ているときに、その日学んだことを
整理したり吟味したりしています。
 
 
 
このとき大脳辺縁系にある扁桃体という部分が、
重要度を天秤にかけています。
 
 
扁桃体は感情と本能を生み出す元となる部分です。
 
 
 
好き・嫌い、快・不快、役立つか・そうでないか
などの尺度をもって、記憶を取捨選択しています。
 
 
このときに面白いことや興味のあること、
 
印象深いものは、扁桃体によって重要とみなされ、
 
長期記憶に送られていきます。
 
 
 
また何度も繰り返したことも、
扁桃体によって重要と判断され、
記憶に定着しやすくなります。
 
 
 
人は3回復習すると、その後とりあえず1週間は、
記憶を高い水準で保つことができます。
 
 
記憶のコツとして覚えておきましょう!
 
次回はさらに記憶を高めるテクニックについて
お話ししていきたいと思います。
 
 

記憶と腹式呼吸の関係性

記憶と腹式呼吸の関係性
頭が『無』の状態のとき、
潜在意識が活動し、提起した問題の真理や答えが
導かれます・・・・・
そのためには脳の前頭葉を休める呼吸、腹式呼吸が大事・・・
ということをお話ししました。
 
 
 
 
腹式呼吸には、まず背筋を伸ばした、
よい姿勢を心がけることが必要です。
 
 
 
また、「吸って吐く」のではなく、
「吐いて吸う」という順序を心がけます。
 
 
 
1. ゆっくりと口から息を吐く。
  体の中の空気をすべて外に出すつもりで、時間をかけて吐く。
 
 
2. 鼻から深く息を吸う。
  この時おなかを大きく思い切り膨らせます。
 
3. 再び口から息を吐く。
  吸った時間よりも時間をかけて、長く、ゆっくりと。
 
4. この動作・呼吸を繰り返す。
  吐くときに腹をへこませ、吸うときに腹を膨らませる、
  という要領で行います。
 
 
具体的な方法は・・・
 
 
最初は、お腹をへこませ、口でゆっくり息を吐きます。
 
 
まず口を大きく開け「ハー」と息を吐き、
続いて口をつぼめ「フッフッフッ」と息を吐き、
最後に「フー」と肺の中の空気を出し切ります。
 
 
 
つまり、お腹をへこませ、できるだけゆっくりと
時間をかけながら「ハー、フッフッフッ、フー」と
息を吐くということになります。
 
 
次に、お腹を出しながら鼻からゆっくり息を吸います。
 
 
 
腹式呼吸には、まずは背筋を伸ばした、
よい姿勢を心がけることが必要です。
また、「吸って吐く」のではなく、
「吐いて吸う」という順序を心がけます。
 
 
 
悪いエネルギーを吐き出してから
良いエネルギーを取り入れる、
とイメージして呼吸すると更に効果的です。
 
 
さてそれでは、腹式呼吸の効果とは、何でしょう。
 
 
①ストレスの軽減
 
呼吸は自律神経は深い関係にあります。
 
 
深くゆっくりと息をしていれば、
リラックス時にはたらく副交感神経がスムーズに動き、
 
α波になりやすく、ホルモンの分泌や
免疫のはたらきが正常になります。
 
 
現代人は呼吸が浅いといわれてますが、
このように浅い呼吸を続けていると、
 
副交感神経のかわりに、緊張したときに動き出す
 
交感神経ばかりがはたらくようになり、
 
体のあちこちに支障があらわれます。
 
 
 
このように、浅い呼吸は脳や自律神経に影響を及ぼし、
ストレスをますます増幅させてしまいます。
 
 
 
記憶術を教えている立場から言っても、
 
記憶をよくするためには、脳の状態がα波になっている方が
 
記憶がいいので、このような腹式呼吸、
 
または脳呼吸をした方が効果がでます。
 
 
 
 
 
②溜まった内蔵脂肪を燃焼させる
 
 
腹式呼吸をしっかりとすると横隔膜が上下に動きます。
 
 
これによって内臓の血行がとても良くなったり、
新陳代謝がとても良くなったりするのです
 
 
 
横隔膜を動かさないような生活リズムを
 
しっかりとしていると、横隔膜がそもそも
 
本来あるべき位置から動いてしまい、
 
肋骨の内側に動き、
 
すんなりと移動してくる様になるらしいのです。
 
 
 
こうなってしまうと身体の循環が
とても悪くなってしまうので、身体や心に
色々で様々な症状を引き起こしてしまう事になるようです。
 
 
そのため腹式呼吸をすることによって、
内臓脂肪を燃焼させることになります。
 
 
 
③体の調子を整える
 
 
腹式呼吸をしっかりとすると、
横隔膜の運動範囲がどんどん広がり、
腹腔の内圧が上がる事になるようです。
 
 
そうなると胃腸が刺激をしっかりと受けますので、
働きが活発になるようです。
 
 
 
横隔膜が運動する事で、
 
腹筋がしっかりと鍛えられる事になるので、
 
腰痛もさらに良く改善されていくのです。
 
 
血行がとても良くなりますので
冷え性も改善されていきます。
 
 
 
この機会にやってみようと思われた方は
ぜひチャレンジしてみて下さい。
 
どんどん変化するかもしれませんよ^^