メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

記憶するプロセスとは 

記憶するプロセスとは 
 
記憶するプロセスとは
 
 
記憶の原理からすると、
記憶するプロセスは次のようになります。
 
 
最初に印象を受けたものが刻みこまれる → 記銘
 
次にそれが蓄積される → 保持
 
第三にそれを思い出し、再現する → 想起
 
第四に覚えたと意識する → 再固定化
 
 
① 記銘
 
一時的に覚えることです。
 
聞いた電話番号を、とりあえず記憶するときのように、
すぐに忘れられてしまう記憶です。
 
つまり短期記憶の段階です。
 
 
② 保持
 
短期記憶を長期記憶にすることです。
 
ただ1度見ただけでは数分で忘れてしまうので、
何度も脳内で反復して繰り返します。
 
 
これによって長期記憶になります。
 
この段階では、まだ「長期記憶の初期段階」のため、
1日もすれば半分以上を忘れてしまいます。
 
 
エビングハウスの忘却曲線によると
記憶は、20分で約47%、
1時間で約56%、9時間で約67%
忘れると言われています。
 
つまり半日で30%くらいしか
覚えていないということになります。
 
これが忘れる脳を言われるゆえんかもしれませんね・・・
 
 
③ 想起
 
頭の中から思い出すこと、
すなわちストックされている知識を想起することです。
 
 
一度は長期記憶として保管できても、
それを「想起」、つまり思い出し、
アウトプットできなければ意味がありません。
 
 
記憶は、インプットしたことを、アウトプットできてこそ
意味があるということを忘れないようにしましょう。
 
 
 
④ 再固定化
 
人は何かを思い出すと、
その記憶が不安定になるという現象です。
 
 
ですから思い出すということは、
記憶にとって不可欠ではありますが、
思い出した瞬間に「記憶の干渉」をうけて
記憶が薄まってしまう危険がともないます。
 
 
このことから、一度は長期記憶にできた知識でも、
たえず復習によって磨き続ける必要があるわけです。
 
 
短期記憶とは「記銘」の段階であり、
人が外界から情報を取り入れるさいに、
はじめに通過する入り口になります。
 
 
外界からの情報は、
視覚(目)、聴覚(耳)、嗅覚(鼻)、触覚(肌、筋肉など)、
味覚(舌)という五感から入ってきます。
 
 
まずこの五感をフルに使って
いかに印象深く残すかが記憶につながる要素になります。
 
 
 
通常勉強している時は、ほぼ視覚と聴覚がほとんどです。
 
 
 
記憶術では覚える時に、視覚と聴覚だけではなく、
すべての五感を鍛えて関連づけることを
トレーニングするわけです。
 
 
 
外部の情報に対して、まずは「感覚記憶」
が使われます。
 
 
目を閉じたとしても1秒間くらいは、
目をあけていたときの光景が残るはずです。
 
 
また耳にした言葉や音も、
5秒間くらいは耳朶に残っているはずです。
 
 
たった数秒間の記憶の保持ですが、
この感覚記憶がなければ、さらなる短期記憶も、
ましてや長期記憶もありえません。
 
 
たとえば耳をふさいで目を閉じてしまえば、
外界からの情報が遮断されます。
 
 
情報自体入ってこなくなります。
 
これほど、感覚器官自体での記憶というものは重要です。
 
 
この感覚記憶は、
イメージ力や右脳の能力にも通じるものがあります。
 
 
一度見たものを写真記憶のように覚えていられる人は、
記憶力も抜群ということです。
 
 
もともと狭い「記憶の入り口」を、
できるだけ広くするトレーニングを積むことによって、
記憶力を高めることができます。
 
 
 
これは後で述べるワーキングメモリや海馬でも同様です。
 
 
狭い間口を広げることが、
記憶力増強のポイントということです。
 
 
 
ちなみに人が風景を楽しめるのも、
音楽を連続した音律として感じられるのも、
感覚記憶があればこそです。
 
 
一瞬前の光景や音律を記憶しているからこそ、
「連続したもの」として捉えられるわけですね。
 
 
 
次回はさらに短期記憶についてです。
 
 
 

記憶力と集中力を高めるシータ波が出るには?!

記憶力と集中力を高めるシータ波が出るには?!
記憶力と集中力を高めるθ(シータ)波を出すには
 
 
 
シータ波は集中力と記憶力が高まっている状態を表し、
アルファ波はリラックスしているときに発生します。
 
 
ベータ波は脳が活動しているときや、
イライラしているとき、マンネリ化して
飽きてきたときなどに発生します。
 
 
つまり効率的で質の高い勉強方法をしていくには、
 
いかにしてベータ波にならずに、
 
アルファ波やシータ波に持っていくか
 
ということがポイントです。
 
 
①「初めてのこと」に遭遇すると、海馬は自然とシータ波を発生させます。
 
「初めて」ではなくても、勉強に興味や好奇心を
そそぐことによって、同じようにシータ波を
発生させることができます。
 
 
「好きこそものの上手なれ」という諺があります。
 
勉強に興味をもって、自分から進んで
取り組んでいるときはシータ波が発生するので、
復習の回数が少なくても長期記憶に定着しやすくなります。
 
 
②基本をしっかり身につけて、中身を理解すること。
 
段階を踏んで進めていくことで、
内容が理解できどんどん進んでいくので
勉強が面白くなってきます。
 
これこそシータ波を発生させる王道と言えます。
 
 
③学ぶことを何か趣味と結びつけたり、
 
 ご褒美をもうけたりすると効果的です。
 
 
英語だったら、好きな英語の歌を聴いたり、
字幕なしで好きな映画を観たりというように、
趣味と連結させていくわけです。
 
 
また時間や内容を区切って、
ここまで頑張ったら、好きなお菓子を食べられるとか、
好きなDVDを観るというように自分で報酬を設定すれば、
勉強に集中でき、シータ波が発生します。
 
 
この報酬を設定することによるシータ波の発生は、
以前にもお話しした脳の中の報酬系に関係があります。
 
 
報酬系とは、脳において、欲求が満たされたとき、
あるいは満たされることが分かったときに活性化し、
快感の感覚を与える神経系のことです。
 
 
報酬系は中脳の腹側被蓋野から
大脳皮質に投射するドーパミン神経系
(別名A10神経系)であると言われています。
 
 
報酬系の働きは、学習や環境への適応において
重要な役割を果たしています。
 
 
 
長期的な報酬を予測することで、
疲労や空腹といった短期的欲求を抑えて
勉強や仕事を優先できるようになります。
 
 
 
また、報酬系神経系の働きが、
大脳皮質の可塑性に影響するという報告もあり、
学習においても同様に報酬系が重要である。
 
 
「誉めて育てる」という言葉はこのことを表現しているのでしょう。
 
 
 
④ほめてあげることでシータ波が発生し、
 
 それが勉強のやる気へとつながっていきます。
 
 
自分で自分をほめるには、必ず達成できるノルマを決め、
それを成し遂げて達成感を味わうことで代用できます。
 
できるだけ目標を数値化することで、
やりきったときに達成感が高まります。
 
 
 
⑤合間に短い休憩時間を設定することで、
 
 それが報酬(前述)になってやるべきことや
 
 勉強を頑張れますし、休憩することで
 
 シータ波が復活します。
 
 
 それが、次の勉強へのモチベーションとなります。
 
 だらだら行なっていると、どうしても単調になり、
 疲れてきて集中力が低下してきます。
 
 
 脳波がシータ波からベータ波へと移行してしまうのです。
 
 
 そうなると、記憶力も下がってきて、
 効率よく頭に入らなくなります。
 
 
そういったときは長くても1時間ずつ勉強を区切り、
適度な休憩をはさみながら学習していくことです。
 
 
要は「リズム」をつくれば、単調にならずに、
つねに海馬からシータ波を発生させられるわけです。
 
 
⑥運動は、記憶力をアップさせるための、
もっとも簡単な方法です。
 
 
 
運動することによって、海馬が刺激され、
シータ波が発生して、集中力や記憶力、
やる気が高まるということです。
 
 
勉強に運動を上手に組み入れていきましょう。
 
 
 

記憶とθ(シータ)波の関係は?!

記憶とθ(シータ)波の関係は?!
記憶とθ(シータ)波の関係とは・・・
 
 
海馬は、記憶の鍵を握るとても重要なはたらきをしています。
 
 
勉強に興味をもって、自分から進んで
取り組んでいるときはシータ波が発生するので、
復習の回数が少なくても長期記憶に定着しやすくなります。
 
 
 
θ波は、「脳波」の一種です。
 
 
脳波としては「α波」や「β波」などがよく知られています。
 
 
特に脳がリラックスするとα波を出すということから、
α波を出させるようなクラシック音楽や自然や海の波の音など、
α波音楽があります。
 
 
 
こういう音楽を聴くことにより、
体や精神の健康に良いと言われています。
 
 
 
同じようにθ波も脳波の一種なのですが、
α波ほどは一般に知られていないようです。
 
 
 
θ波は主に海馬から発せられる脳波で、
 
一秒間に5回くらいの周波数で規則正しく
 
リズムを打つ特徴を持っています。
 
 
 
この周波数のことを「θリズム」といいます。
 
 
といっても、海馬はいつもθ波を出しているのではなく、
特定のときにだけθ波を発生します。
 
 
 
もっとも顕著にθ波が現れるのは、
新しいものに出会ったり、初めての場所に行ったりして、
あれこれと探索しているときです。
 
 
 
今までに出会ったことのない
初めてのものに遭遇すると、海馬はθ波を出して活動します。
 
 
そして、目の前にある物事を海馬は
記憶しようとするのです。
 
 
 
θ波は記憶しようという意思の表れです。
 
 
 
海馬が活性化されていれば、
それだけ記憶力が高まり、少ない反復回数であっても、
より強固な長期記憶になっていきます。
 
 
そのキーワードが、シータ(θ)波です。
 
 
海馬からシータ波が出ているときというのは、
”記憶の管制塔”である海馬が
活性化しているということです。
 
 
言い換えると、
外部からの情報を記憶に焼き付けようと
スタンバイしている状態ですね。
 
 
 
ですから海馬からシータ波を出すことに成功すれば、
 
そのときに外部から入ってくる知識は
 
長期記憶として定着しやすくなるわけです。
 
 
 
 
では次回はどうすればθ波が出やすくなるのか、です。
 
 
 

イメージ記憶法のプロセスは・・・ 

イメージ記憶法のプロセスは・・・ 
イメージ記憶法のプロセスは・・・
 
 
前回は、右脳+左脳こそが、本当の
イメージ記憶術というお話しをしました。
 
 
ではそのプロセスは・・・
 
 
基本は、全体概要の理解から・・・これが鉄則です。
 
 
 
そのほうが右脳のイメージ記憶ができるので、
効率的な学習になります。
 
 
左脳による言語というものは、言ってみれば
右脳的なイメージを脳内に作り上げるまでの
「橋渡し」です。
 
 
 
イメージを作れないと、使い物になりません。
 
 
それは「わかったつもり」に
なっているだけかもしれません。
 
 
 
記憶をするということは、
 
「左脳的な文章」というところから、
 
最終的に「右脳によるイメージ形成」という道を
 
作っていくということでしょう。
 
 
 
難解な文章が多い教科や資格試験の勉強では、
 
まずは大きくとらえる概要や基本から、
 
理解していくことが唯一、右脳の
 
イメージ記憶を活用できる方法となります。
 
 
 
そのためには、最初のうちは細かい部分には
「あえて」目をつぶること、専門用語も無視すること、
しかも、できるだけ速読で進む。
 
 
 
このようにして、まずはザッとでもいいので、
1冊を読み切ってしまうことです。
 
 
 
そのあとも、同じように何回か、読み返すことです。
そのためには、分厚い参考書よりも、薄っぺらい入門書
から入るといいかもしれません。
 
 
なので速読も一緒にできると、記憶と速読で
スピーディに、勉強が進むということになりますね。
 
 
 
イメージが湧きづらい教科や資格試験の場合、
 
時間をかけて、だんだんと脳内に、
 
おぼろげながらでも全体の構成というか、
 
概要のイメージが形成されていきます。
 
 
 
これはパズルゲームにおける、パズルボードです。
まずは完成図を見てから、ピースを置いていくプロセスなのです。
 
 
完成形を知らずに、細かいことをいきなり
記憶していこうすることは、どうも無理があるようです。
 
 
まずはじめに全体の概要を理解する。
 
そうしてこそ、そのあとに細かい部分が
自然と吸収され、記憶されていきます。
 
 
乾いたスポンジが、水を吸っていくように・・・。
 
 
その反対に、いきなり細かいことを覚えようとしても、
すぐに忘れてしまいます。
 
 
ところが、概要理解という豊饒な大地に
根ざすことができれば、その土台の上に
細かい事項を記憶できます。
 
 
そうなると、つねに「大地にしっかりと根を張る植物」
のように、脳内で孤立しない長期記憶となります。
 
 
しかも大脳という大地から、いつでも
水分と栄養をくみ上げることができるので、
さび付きにくく、しかも思い出しやすい記憶になるのです。
 
 
このように右脳による本当のイメージ記憶とは、
「概要理解というイメージ」を土台にすることにあります。
 
 
 
右脳的なイメージを土台として、
左脳的な個々の知識を構築していくことこそが
最高の記憶法と言えるでしょう。
 
 

右脳を使うイメージ記憶術とは

右脳を使うイメージ記憶術とは
右脳を使うイメージ記憶術
 
大脳には右脳と左脳があり、
右脳はイメージや想像力、直観力、芸術的感性などを
担当しています。
 
 
それに対して左脳は、論理的思考、計算、言語などに
関係しています。
 
 
右脳は、左脳の論理的思考とは違い、
イメージとして一瞬で記憶できたり、
芸術などを鑑賞するときに活発になるので、
リラックスできるという特徴があります。
 
 
 
右脳と左脳は脳梁(のうりょう)という
部分で連絡を密に取り合い働いているので、
これらを明確に分けることはできません。
 
 
 
実際には両方とも使われており、
どちらをよく使うか、というニュアンスになります。
 
 
 
受験や仕事における資格試験などの勉強の場合は、
個々の事項を順序正しく、細かいところまで、
時系列に学ぶことも、もちろん重要です。
 
 
 
しかし、別の意味では、一目見て、一瞬で全体を理解する
というアプローチも大切です。
 
 
つまり、俯瞰的にみることも必要ということです。
 
 
「百聞は一見にしかず」ですね。
 
 
あれこれと論理的思考による説明を長時間、
聞くよりは、一回見たほうが早いということですね。
 
 
 
仕事のプレゼンテーションでも文字だけで説明されるよりは、
グラフや写真などビジュアルで見られる方が
わかりやすくなります。
 
 
 
習い事や芸事でも、まずは、うまい人の動きを
見ることが一番、わかりやすく、説得力があります。
 
 
とは言っても図や写真だけ並べただけで良いか、
というとそうではありません。
 
 
何かを学ぶ時、まず大枠の結論があり、
全体のイメージがつかめること、
大雑把にでも概要をつかめること、これが大事です。
 
 
 
このように右脳のイメージ記憶といっても、
写真やイラストのような「視覚的イメージ」
だけを言うのではありません。
 
 
人が話す言葉や、教科書の文章からも、
「だいたいの概要」や「言わんとしていること」を
脳内でイメージできるわけです。
 
 
 
つまり画像や写真はイメージ化を助けるものですが、
それに「言葉」を添えてこそ、初めて写真などが
意味をなしてくるわけです。
 
 
 
もし言葉による補助的説明がないと、
百人百様、さまざまな解釈が生じてしまうことに・・・。
 
 
 
ですから右脳によるイメージ記憶を活用していく場合は、
 
人の話であれ文章であれ、「言語」という
 
補助があってこそ意味をなしてくるということです。
 
 
 
 
もし画像やイラストだけでは、たんなる芸術的な鑑賞です。
 
 
それでは「学習」になりません。
 
右脳+左脳こそが、本当のイメージ記憶術
というわけです。
 
 
勉強法においては、まずは基本、全体の概要を
理解することが鉄則です。
 
 
そのほうが右脳のイメージ記憶ができるので、
効率的な学習になります。
 
 
 
左脳による言語というものは、言ってみれば、
右脳的なイメージを脳内に作り上げるまでの
「橋渡し」です。
 
 
 
的確な左脳的な言語を使っての全体把握、
 
それからがビジュアル的右脳のイメージ力を使っての
 
記憶力の向上が学習に役に立つでしょう。
 
 
 
 
次回はさらにこの右脳を使ったイメージ記憶法
についてお話していきますね。
 
 
 

記憶の仕方

記憶の仕方
記憶の仕方
 
 
では実際にどのように記憶するか、一部お話していきましょう。
 
 
五感をフルに使って記憶する
 
 
 
五感には、目から入ってくる「視覚」、耳からの「聴覚」、
 
においをかぐ「嗅覚」、肌や筋肉、内臓からの情報を受け取る「触覚」
 
いろいろな味を楽しむ「味覚」があります。
 
 
通常、目で読む(黙読)だけという勉強方法に
偏りがちがちです。
 
 
もちろんヒアリングをしたり、音読をしたり、
英単語の書き取りをすることもあるでしょう。
 
また板書をノートに写したりします。
 
 
しかし、それぞれの感覚を分離して使うよりも、
 
できるだけ連動させたほうが、
 
「脳への情報入力の量」が格段に増えます。 
 
 
 
そうすると記憶を担当している海馬が、
 
「より重要な情報である」と判断して、
 
長期記憶へと変換されやすくなります。
 
 
 
 
興味のあることは「情報の質が高い」ので、、
記憶しやすいものです。
 
 
1回1回の情報の質は低い」状態であっても、
送り込む回数を増やすことで、総体的に
「情報の質が高くなる」からです。
 
 
その結果、興味のあることと同様に、
海馬に重要な情報と認識させることが可能になります。
 
 
 
五感を活用して、一度に送り込む情報量を増やせば、
「興味をもつ」ことと同じような
「記憶力を高める効果」が得られるわけです。
 
 
 
たとえ、それほど面白くない勉強内容であっても、
少ない反復回数であっても、長期記憶とし
て固定されやすくなります。
 
 
 
前頭葉にあるワーキングメモリというところに、
 
外界からの情報や、過去の記憶を集めて思考しています。
 
 
 
ワーキングメモリの容量は非常に少ないため、
何か気がかりなことがあったり眠気があると、
別のことで占領されたり、頭が働かなくなってボーッとしたり・・・。
 
 
 
気がかりなこと(過去の記憶)のほうが、
外部から入ってくる情報より強ければ、
気がかりなことがワーキングメモリ全体を
占拠してしまいます。
 
 
 
体を使った記憶を、手続き記憶(方法記憶)といいます。
 
いわゆるノウハウ的な記憶に当たります。
 
 
 
意識しなくても、体が勝手に動くことってありますよね?
 
 
 
茶道でも武道でも、一定の手順を踏むものは、
体が酢でい覚えていて、特に考えなくても
すんなりでてくることです。
 
自転車乗りや、水泳などもそうでしょう。
 
漢字や英単語などは、できるだけ手を使って、
紙に何度も書く練習をすることが大事です。
 
 
 
このとき声に出しながら発音すれば、
視覚、触覚、聴覚の3つを連動できます。
 
 
すると、黙って手書きするよりも
、脳に送られる「情報の量」が増えるので、
より速やかに長期記憶化されていきます。
 
 
 
目の記憶は1秒、耳の記憶を4秒と言われています
 
 
 
自分が発音しながら、手を使って書くことで、
 
手を使う脳の中での運動野の記憶と、耳の記憶で
 
さらに記憶が上がるということになります。
 
 
 
この発音するということや音読することも、
口の開閉や発声器官など、体の動きを伴うため
手続き記憶の一種になります。
 
 
 
何度も繰り返して暗唱できるようになると、
無意識にでも口をついて出てくるようになります。
 
 
 
書き順を手が覚えていることと同じで、
「口が覚えている」わけです。
 
 
もちろん実際には、脳が記憶していることは
言うまでもありません。
 
 
ただ、意識を介在させなくても(無意識であっても)、
「体が勝手に動くことがある」わけですね。
 
ここが単なる知識とは異なる点です。
 
 
手を動かすことは、情報の取り込みとは別に、
脳を刺激します。
 
 
よく、クルミなどを手に持ったり、
親指を交互にくるくる回転させるような
脳トレのエクササイズがあります。
 
 
 
人の脳の頭頂葉にある「体性感覚野」には、
指やアゴからの入力がもっとも多いといわれています。
 
 
 
ですから指をつかって手書きすることは、
効果的な脳活にもなっているわけです。
 
 
そのことが記憶力をさらにアップさせていることは
言うまでもありません。
 
 
ぜひ自分で体感してみて下さいね^^