メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

男性と女性の脳の違いとは その2

 
 
前回、男女の脳の違いをお話しました。
 
 
今回はさらに考えられるものをピックしてみましょう!
 
 
③ ストレスへの反応
 
男性のストレスへの反応は“ケンカかトンズラ”で、
女性のストレスへの反応は“世話と絆”が多いと
言われています。
 
 
“世話と絆”とは、
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学教授
シェリー・タイラー氏の造語で、
女性はストレス状態にある時、
自分のことをするのはもちろん、子どもの世話をしたり、
強い絆のグループを作ったりするというのです。
 
 
 
ストレスに対する男女の反応の違いは、
ホルモンの違いによるものだと考えられています。
 
 
 
男女ともストレスを受けると、
オキシトシンというホルモンが放出されますが、
女性ホルモンのエストロゲンは、
オキシトシンを高める働きがあります。
 
 
 
その結果として、女性は落ち着いたり
子育て心を促進されたりするのだそうです。
 
 
 
一方、男性がストレスを受けた時に
多く分泌される、男性ホルモンのテストステロンは、
オキシトシンの働きを妨げてしまいます。
 
 
 
男性がすぐキレるのも、
いつの間にかさっさと逃げるのも
ホルモンの影響なんですね。
 
 
生物学的にはごく当たり前なのかもしれません。
 
 
 
④  言語能力
 
言語機能をつかさどる脳の部位は
2ヶ所ありますが、どちらも女性の方が
大きいことが発見されています。
 
 
女性の方が言語科目で優秀だったり、
言語関連の思考に優れていたりするのが、
その理由のひとつだと考えられています。
 
 
 
また、男性は左脳でしか言語情報を
処理しないのですが、女性は右脳・左脳双方で
処理しています。
 
 
 
このことから、脳卒中を起こした女性が
言語障害なしに回復する確率は、男性より高くなります。
 
 
男性は言語エリアに影響があると、
回復の確率が落ちてしまいますが、
女性は別の脳の半球で言語情報を処理できるからです。
 
 
 
国語や英語の成績がいいのは、女子に多いというのは、
このことに関係かるのかもしれません。
 
 
文系女子&理系男子は、
典型的な“脳の構造差”なのかもしれませんね。
 
 
それにしても、脳卒中の後遺症にまで男女差があるとは
脳のしくみの違いにあるようですね。
 
 
⑤  感情
 
 
女性の脳は一般的に、
感情をつかさどる辺縁系が大きく深くなっています。
 
このため女性の方が
感情とうまくつき合える傾向が高く、
感情を表現するのも上手です。
 
 
その結果、他者とうまくつながることが
出来るようになります。
 
 
 
この“つながる能力”のため、
女性の方が子どもの世話をすることが多いのです。
 
 
でも、デメリットもあります。
 
感情をつかさどる辺縁系が大きく深いために、
うつになりやすいのも女性なのです。
 
 
特に、出産後や毎月の生理など、
ホルモン変化のある時はその傾向が高まります。
 
 
 
女性の脳は感情に関して、
ポジティブからネガティブまで、
フルオープンになっているということですね。
 
 
この点をよく把握しておくと、多少気にならなくなるかもしれませんね。
 
 
 

集中力と音楽の関係とは

集中力と音楽の関係とは
 
 
集中力と音楽との関係は
 
 
 
私たちの頭の脳波には、α波・β波・θ波・δ波があります。
 
 
以前に、この脳波については詳しくお話ししてありますが
覚えておられますか?
 
 
お忘れになった方は、
 
記憶の玉手箱の中に入ってますので、開いてみて下さいね。
 
 
 ▼  
 
 
私たちは、リラックスしている時、
集中力が高まっている時に
α波(アルファ波)が脳内に出ています。
 
 
 
クラシック音楽を聞くことにより、
脳内のアルファ波の割合が増え集中力が
増すことがわかっています。
 
 
 
モーツァルトはアルファ波をだせる音楽で有名です。
 
 
 
妊婦さんが胎教音楽として
このモーツァルトを聴くといいと言われている所以ですね。
 
 
参考に以下関連記事です。
 
      ↓
 
 
実際に最新の研究で、モーツァルトの音楽は
 
集中力を高めるのに最高のBGMであることが
 
証明された。
 
 
 
★ 子どもと高齢者に「ストループテスト」を実施
 
 
今回の研究は、京都大学と米ハーバード大学の共同で行われた。
 
8歳、9歳の男の子25名と、65歳から75歳の25名に
研究に参加してもらった。
 
 
研究チームは、参加者に対して「ストループテスト」を実施。
 
 
ストループテストとは、
 
 
例えば青色のインクで書かれている「赤」という文字を見て、
その文字の色を回答するというテストだ。
 
 
2つの情報「文字」と「色」が干渉し合うため、
正確な色を答えるには集中力を要するというわけだ。
 
 
 
★ 協和音のモーツァルトを聴くと、
  回答速度が速まり正解率が高くなる
 
 
 
参加者には、このストループテストを3回
受けてもらった。
 
 
最初はモーツァルトの「メヌエット」をBGMに
 
2度目は同じメヌエットだが、
不協和音が途中で入るバージョンをBGMに、そして
 
3度目は音楽を流さない静かな状態で、
 
テストを実施した。
 
 
その結果、両年齢グループにおいて、
初回の不協和音のないモーツァルトを聴いたときが、
最もテストの回答速度が速く、
正解率も高いという結果になった。
 
 
一方、不協和音が途中で入るバーションを聴いた際には、
回答速度がとても遅くなり、誤答率も高まる
という結果になった。
 
 
 
★ 研究チーム「協和音は脳の認識機能を高め、
                               集中力を高める」
 
 
 
研究チームは「協和音は脳の認識機能を高め、
雑音を排除して集中力を高める効果がある」と説明している。
 
 
 
「元々音楽というのは、
矛盾した情報を認識することから生ずるストレスを排除し、
知識を蓄積し、人間の文化が進化していくために
発展していった」という。
 
 
 
モーツァルトの音楽が、
時代を超えて人々に愛される背景には、
こうした人間の進化に関連する理由があるからなのかもしれない! 
 
 
 
 
このように具体的にモーツァルトの音楽が
集中力を上げるということが実証されています。
 
 
これはひとつに脳波の関係、
つまりα波と集中力の関係によるものが大きいと思います。
 
 
 
集中力をあげるのに音楽を聴くのはお勧めです。
それもα波音楽の方が集中力にはいいようです。
 
 
また雨の音やさざ波のBGM等も
気持ちをリラックスさせ、集中力をあげるのに効果的です。
 
 
このように、α波音楽を生活の中に取り入れて
集中力をあげてみましょう!
 
 
 

脳のエネルギー源は・・・

脳のエネルギー源は・・・
 
 
脳のエネルギー源は・・・
 
 
脳にいい朝食メニューとしては
 
ブドウ糖・果糖・蜂蜜・でんぷんなどの
糖類を食べること、
 
ということを前回お話ししました。
 
 
 
今回はそのエネルギー源を詳しくみてみましょう!
 
 
 
ブドウ糖
 
 
主に体の中で、ご飯やパン、めん類などの
でんぷん質の食物からつくられます。
 
 
ご飯やパンを食べて30分くらい経つと、
 
血液中のブドウ糖(血糖)はピークになり、
 
次々と脳に送り込まれていきます。
 
 
 
ブドウ糖は脳を正常に働かせる役割を担っており、
 
ブドウ糖が不足すると、
 
脳はエネルギーを作ることができず、
 
思考能力が低下してしまいます。 
 
 
 
さらに、集中力が欠け、やる気も出ず、
イライラするなど仕事も勉強もはかどりません。
 
 
 
ダイエットなどで
 
炭水化物を取らない食生活を送っていしまうと、
 
頭がぼーっとしていくのは、脳がエネルギー不足で
 
働かなくなっているためです。
 
 
 
受験生の方、受験期間はダイエットはやめておいた方が
よろしいかもしれません。
 
 
果糖
 
 
果糖は読んで字のごとく果物に多く含まれます。
 
 
 
果糖の多い果物 は、
りんご、日本梨、西洋梨、びわ、ぶどうなどです。
 
 
果糖の少ない果物は、
桃、すもも、みかんとなります。
 
 
バナナは、必須アミノ酸である「トリプトファン」
 
セロトニンの合成を助けるビタミンB6、
 
脳のエネルギー源であるブドウ糖を含むので
 
非常に理想的な食品といえます。
 
 
 
 
脳の活性化とチョコレート
 
 
脳を活性化させる食べ物として
チョコレートが良い!と言う話を聞いたことがある方は
多いのではないでしょうか?
 
 
脳自体のエネルギー源は糖分なので、
もちろんエネルギー補給と言う面では必要ですが、
チョコレートには脳を活性化させる様々な成分を
含んでいるのです。
 
 
 
チョコレートの原料はカカオですが、
このカカオは古来より薬効成分を含まれている
ことが知られていて、珍重されてきました。
 
 
 
チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は
大脳皮質を刺激して、やる気を出させる効果が
期待できます。
 
 
またチョコレートの持つ特有の香り成分は
脳の中枢神経に作用し、集中力を高める効果があるのです。
 
 
 
さらにチョコレートに含まれる、
ビタミン類やミネラルは脳内で抗酸化作用を発揮して
ボケの防止にも役立っているということです。
 
 
ビタミンの「抗酸化作用」とは、
活性酸素の働きを抑える作用です。
 
 
例えば、活性酸素は体の中にある脂質を酸化して、
老化や動脈硬化などを進行させる有害な
過酸化脂質をつくりだし、この過酸化脂質が
体のサビとなり悪影響を及ぼします。
 
 
こういう悪影響を及ぼすのを、抑える働きです。
 
 
ただし、全てのビタミンに抗酸化作用があるわけではなく、
ビタミンA、C、E、そしてB2などにある
「薬理作用」にのみ、含まれます。
 
 
そこで、これらのビタミンは活性酸素の悪い働きを抑え、
過酸化脂質などの生成を防ぐという意味で
「抗酸化ビタミン」と呼ばれます。
 
 
 
チョコレートには、単にエネルギー源というだけでなく、
その成分が様々な面で脳に良い効果を発揮するので、
是非勉強や仕事のお供に加えてください。
 
 
さあ、朝食を今まで摂っていなかった方は、
せめて脳のエネルギー源であるブドウ糖を
とるように心掛けてはいかがでしょう!
 
 
 

集中力を高めるために・・・

集中力を高めるために・・・
 
 
集中力を高めるために
 
 
集中するということはどういうことなのでしょうか??
 
 
 
意外なことですが集中力はコントロール可能で、
鍛えることもできる力ということがわかってきています。
 
 
 
集中力という抽象的なの力ですが、
とても身近なものに代わりはありません。
 
 
 
集中力がどのようなものなの知っていれば
役立つこともあると思いますので、
集中のメカニズムを知っておきましょう。
 
 
 
集中しているときに脳の中で起こっていること
 
集中しようとする時、脳は2段階の過程を踏んでいると
考えられています。
 
特定のものに集中できる能力は、
 
「トップダウン型注意システム
(Top-down attention system)」
 
 
と言われています。
 
 
この集中の仕方は自分自身で何に集中したいかを
決定する能力のことで、何に集中したいかが決まると、
次のような順序で集中していくのです。
 
 
 
 
①視覚的に入ってくる情報を下に
何に注意を向けるかを決定します。
 
 
 

デジカメで風景を撮影する時、何をとろうか全体を見渡して

撮る対象を決めるようなイメージに近いです。
 
 
 
 
 
②対象物の一部に注意を向けます。

 
 
撮る対象を決めたら、それにカメラを向け
ズームしていく
イメージということになります。
 
 
 
私たちは集中すると、
周囲の事が気にならなくなってきます。
 
 
 
 
この状態はフロー状態と呼ばれていて、
周りの声が聞こえなくなるという経験は
誰もがあること思います。
 
 
 
私たちがこの状態にあるとき、右脳と左脳の両方が、
効率的に動いていて、周囲の情報をシャットアウトしています。
 
 
 
この時、時間に対する感覚がなくなり、
何かに対して夢中になっている状態に似ていると
考えられていますが、実際に、勉強していたり、
スポーツをしている人に検査をする事は難しく、
詳しいことは確認できていないようです。
 
 
 
 
集中が途切れるときに脳の中で起こっていること
 
集中する能力を「トップダウン型注意システム」
と言うのに対し集中が途切れていまう状態を

「ボトムアップ型注意システム」と言います。
 
 
 
ボトムアップ型注意システムは
自身でコントロールできるものではなく、
周囲の環境に影響を受けるものです。
 
このシステムは周囲の状況によって
「何に注意を向ける必要があるか?」という判断をするシステムです。
 
 
 
集中が途切れる原因は2つあります。
 
 
 
 
①目立つ色・明るい光を見たとき
 
 
②もうひとつは大きな音を聞いたとき
 
 
救急車を見たときや、犬の鳴き声などが
それにあたります。
 
 
日常生活で言えば、何か物を落とした音もそうですね。
 
 
音や光で強い刺激を受けてしまうと、
一瞬でそちらに気がいってしまうということですね。
 
 
大きな音や、ビックリするような光を目にした時に
それを気にするなと言うのは無理な話です。
 
 
条件反射的に反応してしまいます。
 
 
一旦、集中力が切れてしますと、
もう一度集中しなおすのに平均25分かかると
言われています。
 
 
 

集中力がきれる度に、もう一度集中するために
脳を使いますので、それだけ疲れてしまうことになってしまいます。
 
 
 
 
ですので、
勉強で集中力を持続させるためにはやはり
突発的に大きな音が出ない所のほうが、
良いということになります。
 
 
 ただ最近はスタバなど、外で勉強する方も
多くなっているのも事実です。
 
 
 
適度な音や動きが会った方が落ち着くということでしょう。
 
 
実際に環境を変えることで、集中力がまた新たに
つくこともあるので、自分が心地よい環境を選ぶことが
集中力を高めることになりそうですね!
 
 
 
今日一日が幸せでありますように・・・
 
 
 
 
 
 

 

頭の回転を速くする方法は

頭の回転を速くする方法は
 
 
頭の回転を速くする方法
 
 
脳を活性化する食べ物や日常できることなど
前回までお話してきました。
 
 
 
今回は頭の回転を早くしたい、
それにはどんなことをしたらいいのか、
お話をしていきたいと思います。
 
 
 
頭の回転の速さがどうして違ってくるのかについては、
実に単純明快なことです。
 
 
 
 
知識や経験よって積みかねによる引き出しの差なのですが、
それでは随分と時間が必要になってきます。
 
 
 
まずは、なるべく短期間で、
頭の回転を速くする方法を考えていきます。
 
 
 
短期間とは、まさにその日その時で、
回転をよくする=自分のポテンシャルを最大限引き出すことです。
 
 
 
知らず知らずの内に自分の力が出せていなかったら、
残念ですよね。
 
潜在的に持っている自分の能力はどんどん出したいものです。
 
 
 

その日その時で頭を冴えている状態にすることは、
実は特別なことはありません。
 
 
 

良い生活習慣と、ちょっとしたテクニックだけですので、
毎日の生活に取り入れてください。
 
 
適度な睡眠時間
 
 
睡眠の重要性についは、いろいろな面で言われています。
 
 
 
最も好ましい睡眠時間には,個人差がみられますが,
だいたい6~8時間が良いとされます。 
 
 
特に,成長期をむかえた子供は
睡眠時間を多めにとることが重要とされています。 
 
 
そして,肝心なことではありますが,
睡眠時間とは睡眠の状態にあることを指します。
 
 
 ですから,ベッドに入ってからすぐに
寝られる状態であることが良い睡眠の第一の条件となります。
 
 
以前にもお話しましまたが、睡眠のリズム90分ごとのレム睡眠・ノンレム睡眠
睡眠の内容を大きく左右しています。
 
   内容はこちら 
      ⬇
 
 
 
良い睡眠のためには,十分な睡眠時間を
確保することだけでは不十分です。 
 
 
たとえば,寝る前の食事は良い睡眠を阻害します。
ですから,夜食は余裕を持って食べる必要があります。 
 
 
また,睡眠時間のおよそ30分前には部屋を暗くして
寝るための準備をすることが,良い睡眠の条件のひとつとなります。 
 
 
さらには,
起床したら早めに朝食を食べることが良いとされます。
 
 
24時間寝ない状態でいたり、又は5時間のみの睡眠が続くと、
血中アルコール度0.1%に相当すると言われており、
酔った状態と同じくらい判断力や理解力が低下するというのです。
 
 
 
 
仮眠をとる
 
 
 通常の人の生活スタイルでは、
 
午前中は脳が活性状態にあるので、午前中の仮眠はないと思いますが、
午後の仮眠は頭の回転を速くする上ではとても効果があります。
 
 
 
15分~30分程度仮眠すると、
能力が30%程度改善することが知れらています。
 
 
 
特に夜寝る前、夜中12時を回ってからの睡眠をとるのと、
夜中12時前の睡眠では、睡眠の質が違ってきます。
 
 
就寝が遅くなる場合は、夜中12時前に、
ちょっとだけ仮眠するすることもお勧めです。
 
 
中々、授業中や仕事中に昼寝なんてできない方が
多いでしょうが、休日中の勉強時間や仕事の合間には
仮眠を撮ってみることもよいかもしれません。
 
 
 
食事の量
 
 
満腹な状態と、空腹な状態では空腹状態の方が
脳が良く働きます。
 
 
 
空腹状態というのは、生物にとっては
危機的な状態であると、脳が判断をします。
 
 
 
食べ物を手に入れ危機的な状態(空腹状態)を
解決するために脳が敏感に働き出すのです。
 
 
逆に満腹な状態が続くと脳が安心して
働きが鈍感になってきます。
 
 
但し、前にお話した通り、
脳の栄養素はブドウ糖です。
 
 
栄養が足りなくなっては本末転倒ですので、
あくまでほどほど(腹八分目)を心がけましょう。
 
 
運動をする
 
ウォーキングや腕立て伏せ、スクワットなど
負荷のかかる運動をすると、前頭葉の血液量が増えます。
 
 
適度なエクササイズが脳内の血流量を
向上させてくれますので、休憩時間中には
椅子に座りっぱなしではなく、5分~10程度歩くこと
心がけましょう。
 
 
 
いきなり腕立て伏せや、スクワットを始めると
変な目で見られてしまうかもしれませんから・・・
 
 
 
このように、ちょっとだけ意識すれば日々の生活の中で
できることですね。ぜひやってみて下さい。
 
 
今日一日、皆様が幸せでありますように・・・
 

 

集中力とは

集中力とは
 
集中力とは
 
 
集中力について考えていきます。
 
 

集中力を高める事は難しいように思いますが、
実はいたってシンプルな方法で高めることができるのです。
 
 
集中力は一般的には90分が限界だと
言われているようですが・・・
果たして本当に
90分なのでしょうか??
 
 
 
実際のところ、集中力の限界は90分であるという、

根拠となるデータは存在していないようです。 
 
 
 
集中力がないがために、
他人と同じ時間勉強しても理解度に大きく差が出てしまう。
 
 
 
 
 
脳のメカニズムを使う ⇒ 「勉強=つらい」
 
という感情を抑える工夫をする
 
 
 
そのためには休憩を工夫して取ることが
非常に重要になります。
 
 
これは非常に重要なので、注意して頂きたいです。
 
 
 
結論からいうと30分に10分程度休憩とることが
程良い時間だと思います。
 
 
 
長時間勉強をし続けるのはお勧めできません。
 
 
 
脳のメカニズムを理解すると
この休憩の必要性が理解できます。
 
 
 
脳のメカニズムは非常に単純で、
つらいことを避け、楽しむことを好む構造になっています。
 
 
つまり、
 
勉強=つらい
 
 
という認識することを避けることが、
集中力を低下させないことへつながるのです。
 
 
そのために、休憩時間をやや多めにとることと効果的です。
 
 
このポイントはつらいという感情が出る前に
休憩するということです。
 
 
脳科学的には集中できる時間は90分が最大です。
 
 
実際、
集中できる時間は30分が限度でしょう。
 
 
 
 
30分を超えると、勉強がつらいと感じ始めてしまいます。
 
しかし、その直前で休憩をとれば、
つらいという感情がでません。
 
 
また、勉強を再開する際にも、30分だけやるか
という気持ちで始めることができるため、
 
「勉強しなければならない・・」というつらい感情が出にくくなります。
 
 
そのため、勉強=つらい と脳に認識されにくくなり、
長期な勉強は非常に効果的です。
 
 
 
つまり、集中力について、世間一般に広まっている
90分説を信じ込まされているのです! 
 
 
 
自分の事を振り替えてみれば、簡単に気づくのですが・・・

勉強をやり始めたが、そもそも乗り気でなく90分どころか、
10分も持たない時もあれば
気がつけば
2時間もたった1問の計算問題と格闘していた・・・
 
 
 なんてことはよくあることで、
90分と集中力は全く関係ないと気づくはずです。

 
 
これが、世間に蔓延している「集中力の誤解」かもしれません。
 
 
集中力は誰もが持っており、工夫次第で
引き出すことができるものです。
 
 
どうやって引き出すのか?
 
どうやって持続させるのか?
 
限界はどこなのか?
 
 

という事を知ることで、集中力に対する認識も
大きく変わるでしょう!!
 
 
 
次回は
 
集中力を高める方法についてです
 
 
 
今日一日が幸せでありますように・・・