メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

頭の回転を速めるためには! 

頭の回転を速めるためには! 
今日は
頭の回転を良くするには?
という話題についてお話しします。
 
 
もっと仕事が出来るようになりたい!
斬新なアイディアが欲しい!
もっと時間を有効活用したい!
 
 
仕事をする上で、いつも考えることですね。
 
 
日々頭は使っているけど、なかなか思うようじゃないのは
どうしてなのでしょう?
 
 
私たちは同じことを繰り返していくと
マンネリ化してしまい、刺激を感じなくなり
条件反射的な動きになります。
 
 
これはエネルギーを無駄に消費しない
ためのことと思われます。
 
 
ですが、成長を感じないことになるかもしれません。
 
 
脳の血流をみても、初めてのことをやると、
 
それによって使う脳の部分が赤く血流が
 
良くなるのに対して、それに慣れてくると、
 
目立った血流の動きはなくなる
 
という結果があります。
 
 
 
つまり同じことを繰り返して慣れてくると、
エネルギーを消化しない動きになるようです。
 
 
 
そこで脳は少しの負荷をかけると、
 
その負荷を受けた分、
 
次にその負荷が来ても良いように
 
すこしずつ鍛えられていくといわれています。
 
 
 
何か新しいことを始めたり
常に刺激を与えた方が脳の動きは良くなり、
活性化することになりますね。
 
 
それでは
 
頭の回転が早い人とはどんな人でしょう。
 
ちょっと思い浮かべてみて下さい。
 
 
・先のことを予測して物事に取り組める人
 
・相手の話を聞き、相手の言いたいこと(思っていること)を
 端的に言い表すことが出来る人
 
・的確に指示を出せる人
 
・問題をすばやく解決できる人
 
・物事をいくつも同時進行できる人
 
・引き出しを沢山持っていて使いたいときに
 すぐ取り出せる人
 
 などなど・・・。
 
 
ではこの頭の回転を上げるためには
どのようにすればよいのでしょう?
 
 
①ネガティブな言葉は避ける
 
まず、記憶術を教える時に、最初にお伝えすることが、
ネガティブな言葉は使わない。
 
つまりできないとか、嫌だとか
無理だという言葉を使わないということです。
 
なぜかというと、脳は嫌だと思う情報に関して
充分に働かなくなるからです。
 
 
これにはドーパミンという
神経伝達物質を分泌する「A10神経」
が関係しています。
 
 
 
ドーパミンはご存じのように、緊張感をなくし
安心した気持ちにさせる神経伝達物質です。
 
 
 
ネガティブな言葉により、[A10神経]
が活性化しなくなるということになります。
 
 
 
②目標は細目に立てる
 
なるべく達成感を多く経験するために
いきなり大きな目標ではなく
小さな目標を立てて、達成していくということです。
 
 
それにより、ドーパミンが分泌され、
快感を感じ、意欲が湧いてくるのです。
 
 
 
③一日の出来事を思い出す。
 
考えるのでなく具体的に「言葉に出して言う」ことです。
特に「同じミスを繰り返す」という方
にオススメ出来る方法です。
 
というのは、
同じミスを繰り返すのは、
それを防ぐ事、方法を想像する能力に欠けているのです。
 
なるべく言葉にだして確認作業をしましょう。
 
 
④ウオーキングやストレッチなど運動をする
 
血流をよくすると脳が活性化します
脳を動かすにはブドウ糖が必要ですが
さらにもう1つ、絶対に必要なものがあります。
 
 
それが「酸素」です。
 
酸素は血液に運ばれて脳にやってきます。
したがって、脳への血流量が少ないと、
その分だけ酸素量も減る事になり、
それが脳の働きを弱めてしまいます。
 
なので激しい運動ではなく
ウォーキングやストレッチなどをすることが
よいのです。
 
 
⑤初めての事をする、刺激を与えます。
 
これは、使った事がない部分の脳を使う
という点にあります。
 
 
脳を鍛えるには、脳の様々な部分に
刺激を与える事が大切です。
 
前述しましたように、マンネリは
脳の活性化を妨げます。
 
なので、日々の仕事がルーティーンワークで、
「使う脳の部分が毎日同じ」では
活性化できるはずありません。
 
⑥人とのコミュニケーションを増やす
 
「脳を鍛える方法」は多くありますが、
実は、そのほとんどが記憶力や
理解力をアップさせる方法です。
 
 
つまり、計算が早くなったり、
新しい事を理解する能力のアップに
役立つ方法です。
 
 
一方、それらの方法では
「表現力」や「想像力」は身につきません。
 
そこで、「人とのコミュニケーションを増やす」
ということが必要です。
 
 
⑦睡眠をとる
 
脳に休息(睡眠)を与えないと、
どうしても回転スピードは遅くなってしまいます。
 
心地よい眠りを得るには、
リラックスした感情をつくるのが大事です。
 
いらいらを持ち続けたり、
心配の感情を抱えたままでは
なかなかリラックスはむずかしいです。
 
 
そんな時、心地よい音楽のリズムで
サポートしてもらうのもよいでしょう。
 
人の声が入らない、自然界の波の音や穏やかな音楽の方が
眠りの質を上がるかもしれません。
 
 
さあ、ご自分に出来ることから
初めてみて下さいね。
 

集中力アップの秘訣とは 

集中力アップの秘訣とは 
集中力とは?
 
 
今、自分が求めている事に、
フォーカスすることです。
 
 
 
つまり、意識を自分の望む事、望む状態に
自分をコントロールできるということです。
 
 
 
前回このお話しをしました。
 
 
では集中力にはどういうものがあるのでしょうか?
 
 
集中力には、大別すると次の二つがあります。
 
① 瞬間的に集中できる集中力
つまり、凝集力です。
 
 
その場その場で自分が期待する状態に
自分をコントロールする力です。
 
 
例えば、試験や試合に集中。スピーチに集中できる事など。
 
 
 
② 自分が望むことを実現する集中力
つまり、持続力です。
 
 
 
【集中力アップの秘訣Ⅰ】
 強い願望であること。
 
 
駆り立てられるような、あるいは、
いてもたってもいられないほどの
強い願望 を持つことです!
  
 
社会人になると、やらなければならない事、
やるべき事が沢山ありますが、
決してやりたいことばかりではありません。
 
 
 
何時もやっていることで、慣れていることならば
問題ありませんが、慣れていない事は
なかなか集中できないこともあります。
 
 
 
それは、やらざるをえないが、
どのようにやっていけば良いのか、
やり方が分からないからです。
 
 
 
そして、そのことが出きるという確信を
持つことができないからです。
 
 
更に、不安や心配、恐怖感が重なるので、
意識が散漫になって集中力が低下します。
 
 
【集中力アップの秘訣②】
 できるという強い確信を持つことです
  
 
 
一方、過去に上手くできなかった事、
失敗した苦い経験がある場合などは
同じような失敗をするのではという不安や恐怖に駆られます。
 
 
 
例えば、過去に人前で失敗し、
恥ずかしい思いを経験すると以後、
人それがが苦手になってしまうことがありますね。 
 
 
 
それは、同じような状況になると、
また同じようになるのではないかと不安になり、
案の定、自分が予想した通り現実になってしまう・・・。
 
 
 
これは、失敗した経験や自信のないことを再度やるとき、
心の中で以前の失敗がよみがえり不安や恐怖、
否定的なイメージを持ってしまうことにより、
その状態を引き起こすという現象です。
 
 
即ち、 否定的な考えの通りになるという予測
を現実に招いてしまうのです。
 
 
 
【集中力アップの秘訣③】
現実化するのが当たり前、と思える強い予測です。
 
 
 
これまでのことから集中力アップするには、
次の三つの要素が必要です。
  
 
★駆り立てる強い願望 
 
★「できる!」という強い確信 
 
★現実化するのが当たり前と思える強い予測
 
 
を持つ事であるといえます。
 
 
この三つの要素を自分でコントロールできるようにすれば、
高い集中力アップができるということです。
 
 
 
また集中力で、大事な事は自分の意思で、
そのことに集中する!と決めなければなりません。
 
 
その上で、何の力を借りるのかといいますと、
自分の心の潜在意識の力を活用するのです。
 
 
心の潜在意識は、いつも無意識にやってしまう
習慣化されている癖を司るところです。
 
 
人間の行動考えや感情の97%は
無意識に反応しているといいます。 
 
 
だから、頭を使って考えなくても、
反射的に考えたり、行動したり、
感情を持つのです。
 
 
 
自分のやりたい事に集中する習慣を作ればよいのです。 
 
 
その為に、潜在意識を活用すれば、
いとも簡単に集中力を高めることができます。
 
 
そのためにはどのようにすればいいのでしょうか・・・
 
心落ち着けて脳波はα波がなるべく出るようにします。
 
 
 
呼吸法・・・
 
まずは「呼吸法」で、リラックスする事が必要です。
 
それが出来たら次にイメージを活用します。
 
 
リラックスにより集中力を高めて、
イメージで物事の意味を捕らえる必要があります。
 
 
α波でリラックス状態の時に
自分で描くものを潜在意識に鮮明に焼き付けていく・・・
 
 
それを続けてみましょう!
 
 
また、考え方の癖を治す、
つまりこれは脳の使い方を変える
一つの条件になると思います。
 
 
「小さな成功体験を積み重ねる」ことにより、
できない!という不安・自信のなさを
できる!という位置に変換していきます。
 
 
 
これにより、
小さな目標を積み重ねるようにして達成していく。
 
これが大切な一つになるでしょう。
 
 
一つずつ実践してみてはいかがでしょうか。
 
 

感動するということ!

感動するということ!
感動とは・・・
 
 
「ある物事に感じて深く心を動かすこと」
 
と広辞苑では記載されています。
 
 
 
類似した言葉の感激(心が揺さぶられる)や
 
感銘(心に残る)のレベルを超え
 
その後の生き方に大きなな影響を及ぼしうる
 
心への強いインパクトを受けること。
 
 
単に素晴らしい体験としてだけでなく、
共感・共鳴して自らの心自体が反応し
影響を受けるということですね。
 
 
以前に全く経験・体験したことがないことに対して、
心に強く働きかける「心の力学」「感動」
というものです。
 
 
 
その体験・経験が事前のものと、
 
事後のもののギャップが大きければ大きいほど、
 
感動は大きいということがいえます。
 
 
 
 
たとえば素晴らしい大自然を
 
一度写真や映像で見たことがあってリアルに見るのと、
 
全く見たことがなくて、初めてリアルに見るのでは、
 
感動の大きさに違いがでてくるでしょう。
 
 
 
 
感動は心の核心に触れることで発生します
 
 
みなさんはどんな感動をしていますか?
 
 
喜びだけでなく悲しみにも感情が動きます。
 
 
小さな感動から大きな感動と、幅はあるとは思います。
 
 
特別な出来事ばかりが感動ではなく、
一番身近で当たり前に過ぎていく毎日に
目を向けてみると実に沢山の感動がありますよね。
 
 
朝、目覚める。
 
鏡を見る。
 
外気を吸う。
 
食事をとる。
 
電車に乗る。
 
仕事に行く。
 
人に会う。
 
エネルギーを発散する。
 
感情が動く。
 
思考する。
 
感じる。
 
 
こんな当たり前のことにも、手を怪我した時などは
とても不便で、ちゃんと使えることに感動したり、
何気にいる家族に感動したり・・・
 
 
意識したら、小さい感動はいっぱいですね。
そんな気付きをいっぱい見つけたいと思います♡
 
それが、心の豊かさになったり、
感性の豊かさになったりしていきます。
 
 
この「感動」という心の動きは私たちの脳の動きに
 
とても深いつながりがあります。
 
 
 
「元気が出る記憶術」として私は記憶術を教えていますが
それは、単なる記憶を良くする、成績を上げる
ということだけにフォーカスせず、ここに
心の成長、感性の豊かさを高めて覚えていくやり方を
提唱している所以です。
 
 
 
心と脳のつながりはいつも私のテーマです。
 
このように記憶術、速読、心のメンテナンス・健康などについて
 
お話しをしているのも、この関係性を知って、
 
バランスの良い心と脳そして身体を
 
創っていくのがとても重要だと思っているからです。
 
 
 
 
今日お伝えしている「感動」という心も
 
脳との関係で成り立っているので、
 
脳の状態によってはすごく変わってきてしまいます。
 
 
 
明日はこの「感動」が生まれるとき、
脳はどのようになっているのか、
お話ししていきたいと思います。
 
 
 
まずは今日一日、今手にしているものを感動にかえて
ご自分の心を愛でいっぱいにしてみましょう。
 
 
自分を愛せることからスタートです。
 
いつも感動できる心をもって生きていけたら
 
素敵ですね。
 
 

勉強の効率をアップするには!?

勉強の効率をアップするには!?
勉強の効率は誰もがあげたいと願ってますね。
 
特に受験生はなおさらかもしれません・・・
 
 
勉強の効率をアップするポイントは集中力です
 
 
 
集中力を発揮できればおのずと、
 
記憶力や思考力も上がり、
 
判断も洞察力といったものも最大化されます。
 
 
 
 
ここでは勉強の仕方ではなく、
その環境面についてのお話をしたいと思います。
 
 
 
自宅で勉強していると、
様々な誘惑がありついつい自分に甘くなって
しまいますね。
 
 
そこでより勉強出来る環境を作るために
場所を変えてみましょう!
 
 
たとえば静かな図書館に行く
または、喫茶店・・・
 
 
 
今は結構人が多いところでないと集中して
勉強できない・・・
とか、言われる方も多いですね。
 
 
家の中でいうならば、居間・リビングの方が
いいということでしょうか。
 
 
記憶術の立場から言えば、
人が大勢いるところでの勉強は
五感に刺激があり、思い出す付箋が多い
ということがいえるかもしれません。
 
http://kioku.or.jp
 
 
座った場所からの風景、人の動き、声など、
 
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚 など
 
いろいろ体験するきっかけが多いからです。
 
 
 
あの問題を解いているとき、こうだった!
とか、勉強の内容の記憶とその時の五感で感じたもの
これが、一致して記憶の脳に入っていく、
ということですね。
 
 
 
また、周りにも同じように勉強している人が
いっぱいいることで「勉強スイッチ」が入りやすく
なります。
 
このように
 
記憶にかかわる、海馬にある「場所ニューロン」が
活発に作動することによって、
活性化すれば記憶も集中力も高まります。
 
 
 
以前、集中力については、脳波と関連づけてお話ししました。
 
https://www.agentmail.jp/usr/?m=stepmailcontents&r=detail&p=287&s=136&i=23
 
「集中力」とは、
今、自分が求めている事に、フォーカスすることです。
 
 
集中力・・・
これは何をやるにも必要になってきますね。
 

苦手な本にも挑戦したい 

苦手な本にも挑戦したい 
本を読むのが苦手という方、
いらっしゃいますよね。
 
 
なるべく本ではなく、映像のものがいいと・・・
活字では印象が薄いものも、
映像で見るとインパクトが強く
記憶にも残りやすいのは事実でしょう。
 
 
「百聞は一見にしかず」ということわざもありますように、
その差は歴然です。。。
 
 
この苦手な本に挑戦するということ
 
それについてお話ししてみたいと思います。
 
 
 
私たちは、興味のないものは、
読もうとしても遅々として読めません。
 
 
内容が難しかったり、興味のないものは
敬遠してしまいがち。
 
 
 
また、いきなり長い本は、活字嫌いには嫌気がさすものです。
 
ショートショートや短編小説などからもよいでしょう。
 
 
 
また、内容や筆者など、共感できるような
簡単なところから入っていくと次第に
好きになっていきます。
 
 
興味のある分野の本は、嬉々として読んでしまいますね。
 
 
 
読書好きになる方法の一つとして、
 
知っている漫画や映画から小説化したものを
 
手にとってみたらどうでしょうか?
 
 
 
 
漫画などの視覚化されたものを先に読んでおけば、
 
小説を読んでも映像化しやすいので、
 
楽に読めるのではないのでしょうか?
 
 
 
 
小さい活字の本は最初は馴染みにくく、
 
読みにくいですから、出来るだけ面白そうで
 
活字が大きな本をとにかく一冊読破すると
 
達成感あると思います。
 
 
 
興味のあるジャンルから手にすると
抵抗感がなくて良いでしょう。
 
 
 
でもたとえば、
どうしても社会人として読まざるを得ない事情や環境、
 
教養を高める意味で、ある1冊の本を読まないといけない時は・・・
 
そんな時はこんな風にしてはどうでしょう・・・
 
 
 
まず目標は「わかった」という実感をもつこと。
 
 
それには、3回読んでみる。
 
 
1回目は通読。
 
理解できなくても最初から最後まで読んでみる。
 
そしてわからなかった言葉の意味を
辞書やネットなどで調べる。
 
 
2回目はポイントを把握しながらじっくり読む。
人間でいう肉の部分です。
 
 
 
3回目は文脈の再構成。
 
ポイントを把握しているので起承転結の位置づけ
を確認する。
 
 
 
ここで一番苦労するのは、1回目の部分ですね。
最初のつまずきが多いとめげてしまいますが
 
ここをなんとか乗り切れば2、3とスピードが増し
「そうか!」や「ひらめき」が増えてくると
思います。
 
 
 
理解する言葉の数が感情の豊かさに繋がる
と言います。
 
 
このように工夫して読むことにより
身につくノウハウが増え、お仕事や人間関係、
そして生き方を豊かにすることと思います。
 
 
 
 
本を読むこと以外でも
苦手なことを克服するプロセスについて
考えてみました。
 
 
 
苦手ことを克服するのは、地味のようですが、
 
で練習を繰り返しやるのが、
 
結局は近道だったりします。
 
 
 
 
形から入って、それを身体に
覚えこませるということでしょうか。
 
 
 
基本的に、苦手なことを克服するプロセスは
 
 1. 自分が苦手だと思っていることを得意にしている人を探す
  
 2. その人のやり方を真似て、そのとおりにやってみる
  
 3. しばらく繰り返してみて、身についてきた、あるいは、なかなか身につかない    と感じた時点で、また別の人のやり方を真似てみる
 
4. 1~3の繰り返し
 
 
基本的には
うまくやっている人のやり方を
真似てみるというのが基本だと思います。
 
 
 
そこでまずは身体にあったやり方を身に着けること、
そして、ある程度プロセスが身体に染みこんで自動化できる。
つまり無意識にできるようになることを
目標とすることでしょうか。
 
 
 
全般的に言えるのは、
何より自分は苦手だと思い込まず、
苦手だと認識したらむしろ苦手を克服しようと考え、
とにかくそれに取り組んでみる積極的な姿勢・・・
 
 
 
これが必要なのでしょうね!