メルマガ登録

ウェブの能力と脳力を最大限に高めるヒントをお届け! 365日スマホで学べる! 起業家Web戦略メールセミナー

夢に健忘症を抑える効果がある?!

夢に健忘症を抑える効果がある?!

夢に健忘症を抑える効果がある?!

毎日夢を見る人・あまり見ないという人。

夢を天然色カラーで見る人・色がついていない人。

夢といっても、いろいろなバージョンがありますね。

明け方見る夢は正夢だとか、聞いたことがあります。

夢占いで未来や過去をみるということもあるようです。

 

この夢をみるということが、
記憶の面からいうと健忘症を抑える効果がある
ということがわかりました。

どのようになっているのでしょうか?

興味深い内容です。

 ▼  ▼  ▼

ふと、記憶が蘇るわけは?!

ふと、記憶が蘇るわけは?!

ふと、記憶が蘇るわけは?!

全く忘れていたはずの記憶が、
懐かしいにおいをかいだり、子どもの顔を見ていたりして、
思いもよらず蘇ることがあります。

そのときに働く脳内の重要な仕組みが
このたび発見されました。

 

ノーベル生理学・医学賞を受賞した
米国マサチューセッツ工科大学(MIT)
利根川進氏らの研究グループの報告です。

以下、それに関する興味深い記事です。

▼     ▼ ▼

緑茶と運動でアルツハイマー型認知症が予防できる!?

緑茶と運動でアルツハイマー型認知症が予防できる!?

緑茶と運動でアルツハイマー型認知症が予防できる!?

私たち日本人は緑茶が好きですよね。

食事の後に緑茶を飲むとなぜか落ち着きます。

ドリンクコーナーに行くと、
各メーカーからたくさんのお茶類が発売されていて、
種類が豊富です。

そんな緑茶の成分である「カテキン」
皆さんもよくご存じかと思います。

 

この成分には、抗酸化作用があり、
コレステロールを下げる働きもあります。

またテアニン」という成分も含まれています。

これは、神経伝達物質であるGABA(ギャバ)の
働きを補助する働きをもっています。

 

ギャバが不足すると、不眠や不安などの症状が出る
と言われています。

 

ということで

緑茶をのむとうつになりにくい・・・
という結果もでていますが、これがテアニンの働きによるものと
言われています。

 

さらに今度は米国ミズーリ大学の研究者らによって
緑茶カテキンがアルツハイマー病に効果があることが発表されました。

 

マウスの実験により、
緑茶の摂取と運動の相互作用によって、
アルツハイマー病を予防し進行を抑える効果がある

との見解がしめされました。

ミュージシャンの「脳の働き」は優れている?!

ミュージシャンの「脳の働き」は優れている?!

ミュージシャンの「脳の働き」は優れている?!

 

音楽を聴くのが好きな人!

音楽を実際に演奏している人!

どちらも音楽好きの事には変わりはないですが、
どちらの人の脳がアクティブなのでしょうか?

赤ちゃんの脳に良い!「いないいないばあ」

赤ちゃんの脳に良い!「いないいないばあ」

赤ちゃんの脳に良い!「いないいないばあ~」

日本人なら誰もが聞いたことがある
「いないいないばあ〜」というフレーズ。

いつからこれが伝わっているのでしょうか?
何か不思議な感じがしませんか?

これも日本に伝承されている一つの文化だと思います。

ではこれがなぜずっと続いているのか・・

実はこのフレーズが楽しいだけではなく、
脳の発達にもいい影響があることがわかってきました。

 

「いないいないばあ」で笑っているとき、
赤ちゃんの脳ではいったいどんなことが起きているのでしょうか?

 

興味深い記事を紹介致します。